「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
〝北海道のために〟。全身全霊で責務を果たす掲載号:2020年1月号

写真大

加藤 欽也氏昭和グループ社長  ほくていホールディングス社長

(かとう・きんや)1952年札幌市生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。昭和グループおよびほくていホールディングスの社長を務める。19年11月札幌商工会議所副会頭に就任。公益財団法人全国法人会総連合副会長ほか、多数の公職を兼務。

 タクシー事業を手がける昭和交通、はまなす交通、千歳昭和交通をはじめ、損害保険などを取り扱う協立産業、不動産賃貸業の昭和総業からなる昭和グループの指揮を執る。
さらには北海道郵便逓送をはじめとする物流4社を束ねる、ほくていホールディングスの社長も兼務している。
 札幌ロータリークラブ会長や札幌ハイヤー協会会長を歴任。札幌商工会議所では2期6年にわたり政策委員長を務めるなど、経済人としての活躍も光る。19年11月には札幌商工会議所副会頭に就任した。
「札幌の発展なくして北海道に未来はありません。まずは減災対策に取り組みたい。政治、自治体、企業の連携を活発化させていきます。また、20年は東京オリンピックのマラソンと競歩が札幌で開催されます。30年の札幌オリンピック・パラリンピック誘致を実現させるためにも、必ず成功させたい」

(五十音順)