「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
〝人〟のプロ集団として企業を支えていく掲載号:2019年1月

写真大

湊 秀樹氏MINATO総合事務所代表  MIRAI相互創造推進協会理事長

(みなと・ひでき)1972年生まれ。96年埼玉県の獨協大学仏語学科卒業後、社会保険労務士・行政書士事務所や会計・経営コンサルタント会社に勤務。06年開業。15年一般社団法人MIRAI相互創造推進協会設立。

 労使トラブルの増加、働き方改革、労働力不足――
 企業を取り巻く環境が変化する中、社会保険労務士事務所として質の高いオーダーメードのコンサルティングサービスを提供し、顧問企業を次々に獲得する。創業13年目となる18年も好業績を記録した。
「大小さまざまな企業から相談が寄せられています。それらの共通点は〝人〟です。評価制度や賃金制度、人材育成は重要ですが、制度ありきではダメ。経営者のマインドが伴っていることが必要です」
 19年のテーマは「労使間の相互理解」。まずは自社の社内改革に取り組む方針だ。
「社員を理解し、会社を理解してもらうための仕組みをつくります」と語り、社外にもスキームを提供していく。
 新たな挑戦も始まる。
「詳細はまだ言えませんが、全国のさまざまな専門家を集結させたプラットフォームをつくります」と意気込む。

(五十音順)