「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の決意 伝
〝あきらめない介護〟を理念に将来ビジョン描く掲載号:2020年1月号

写真大

青山 央明氏青山社長

(あおやま・ひろあき)1980年北見市生まれ。札幌医療科学専門学校、東北福祉大学卒業。旭川市内の病院に勤務後、06年に青山設立。同年にデイサービスセンター「希望のつぼみ」開設。14年札幌本部開設。全国介護事業者連盟北海道支部幹事。自民党道連青年局幹事。札幌商工会議所健康文化部会常任委員。

 言語聴覚士として医療現場に携わってきた経験を生かし、06年に旭川にデイサービスセンター「希望のつぼみ」を開設。その後、札幌をはじめ道内に着々と事業所を展開し、今では職員数400人を有する介護事業グループを形成している。
 19年は新たに旭川と札幌に5つの事業所をオープン。グループ全体で24の事業所を運営するほか、スタッフの働き方改革にも積極的に取り組んだ。
「スタッフを適材適所に配置することにより、仕事の効率化を図りました。そうすることで、より利用者に向き合い、集中できる環境が整いました。また、賃金面でも大きく改定しました」
 将来的には自閉症などの先天的な発達障害者や、うつ病などで働けなくなった精神障害者らを積極的に受け入れ、健常者と同等の待遇で働いてもらうことが夢だという。

(五十音順)