梅酒100種と旬の食 希少な酒にも出合える


100種の豊富な梅酒が魅力

梅酒ファンにはたまらない、定番から珍しいものまで100種を取りそろえる。

「コロナ禍前には全国の酒蔵を巡り、それぞれの酒が生まれた背景を聞き歩いた」という同店のオーナー。 

提供の際に紹介する梅酒のストーリーが、一段と味を引き立てるようだ。オーダーに悩んだ際、好みや飲み方を伝えると、気軽に応じてくれるのもうれしい。

おすすめは、愛知に酒蔵をもつ國盛の「紅茶梅酒」(900円)。国産の梅を100%使用し、もぎたてのような香りとほのかな甘みが特徴。アルコールが苦手な人も、ついグラスが進んでしまう味わいだ。

食事にも定評があり、冬のイチオシは「おでん8種の盛り合わせ」(1300円)。道産食材を多く用いたアツアツの具材は、2日間寝かせ、味を〝しみしみ〟に。梅酒を片手に、ハフハフと食してみてはいかが。

営業時間は午後6時〜午前1時まで。日曜定休。


間接照明とダウンライトで落ち着く店内


「おでん8種の盛り合わせ」と國盛の「紅茶梅酒」

梅酒十色Selfish.

札幌市中央区南5西2社交会館ビル3階 ☎011・531・8722