絶品のあべ牛とナムルを味わう円山の隠れた名店


あべ牛を存分に味わう「贅沢プラン」

札幌市中央区の円山エリアに、隠れ家風的な佇まいで人気の焼き肉店がある。それが「円山JIN」だ。
人気の秘密は提供している「肉」にある。同店は北海道洞爺湖サミットで各国首脳にも賞賛された「あべ牛」が目玉。
あべ牛は白老牛の中でも3歳未満の雌牛のみが該当する希少な黒毛和牛のことで、3歳未満にこだわるのは繁殖していない処女牛は細胞がきめ細かく、なめらかで味わい深い旨みが凝縮されているため。
全国の焼き肉店であべ牛を取り扱っているのは、同店を含めて3店舗のみ。あべ牛を求めて足繁く通う常連客はもちろん、有名人や経営者などの利用客もあるとか。

おすすめは、あべ牛が存分に堪能できる「シェフおすすめプラン」(同5500円)と「贅沢プラン」(同8800円)の2コースだ。中でも贅沢プランはヒレ、リブロース、サーロインなどさまざまな部位のあべ牛が堪能できるほか、サーロインミルフィーユとシャトーブリアンも堪能できる。
記者も試食してみたが口に含んだ瞬間にふわっと旨みが広がり、とろけるような食感が何とも言えない多幸感を与えてくれた。
ほかにも「あべ牛3点盛り」(同3270円)、ロース、カルビ(各1840円)といった単品もある。コスパ重視の人には、白老牛が味わえる「黒毛和牛盛り合わせ(3人前)」(同4250円)をおすすめしたい。

店内は全38席で、完全個室が2つと半個室を4つのほか、カウンター席も用意。シックな雰囲気が特徴で、会食やデートはもちろん、特別なディナーを演出したいときなど、幅広いシーンに利用できる店だ。
新型コロナウイルス対策では定期的な換気、座席間の距離確保や仕切りの設置、消毒の徹底など、万全の対策を行っている。
6月20日(日)までは金土日のみ営業で、来店日前日までの事前予約が必須。
営業時間は午後5時30分(土・日は午後5時〜)〜午後8時まで。月〜木定休。
通常の営業時間は午後5時30分〜午後10時30分まで。火・水定休。

※コロナ禍のため、店舗によっては取材後に営業時間の短縮や定休日を変更している場合があります。事前に問い合わせを。


あべ牛のシャトーブリアン


シックな雰囲気で隠れ家風な店舗


落ち着いた空間で食事ができる


おしゃれな雰囲気が漂う店内


ワインとヤキニク 円山JIN

札幌市中央区南6西23 ☎011・533・1129