ヒココニシが設計を手がけた本格天ぷら割烹


1階カウンターは10席用意

昨年12月にオープンした天ぷら割烹「真心庵 天真」。本格江戸前天ぷらと旬の北海道食材を楽しめると、コロナ禍の状況であってもオープン以来口コミなどで話題になっている。

店舗設計、デザインを手掛けたのはヒココニシアーキテクチュア(札幌市・小西彦仁代表)だ。海鮮懐石料理を提供する「さかな・真心庵」のオーナーが「本店のはなれとして天ぷらの店をつくりたい」と、小西代表へ直々にアプローチして実現した。
「1階カウンターへ着座すると目の前には滝が流れる池と庭が広がる設計です。店内と外の境界は極めて繊細でその〝視線美〟を味わうことが最高の贅沢となり、料理に華を添える。絶品の料理を楽しみながらこの空間で何かを発見してもらえれば」と小西代表。

営業時間はランチが午前11時〜午後15時まで。ディナーは2部制で完全予約制となっており、午後6時〜同8時までと午後8時30分〜同10時30分まで。水曜定休。


設計を手掛けた小西彦仁代表(右)と店舗外観


めごち(左)とあわび

真心庵 天真

札幌市中央区南11西20 ☎011・522・1033