感染対策を徹底。〝元祖デザイナーズカラオケ〟


料理のクオリティーが高いこともウリの1つ

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年4月に23年の歴史に幕を下ろした「美食カラオケ エルカーサ」。
しかし土地、建物を所有する「すすきのプラザ」は〝エルカーサ〟の名前が消えることを惜しみ、自ら運営に乗り出すことを決断。昨年11月から「レストランカラオケ エルカーサ」として再スタートを切った。
再開に伴い、感染対策を強化。換気機能を増強するため、館内の空調設備を最新のものに一新し、スタッフとの接触を最大限減らすため、注文用のオーダー端末も全室に導入している。
「すべて個室で他のお客さまと空間を共有しないため、カラオケではなく個室ダイニングとして料理やお酒を楽しむケースも増えています。家族や恋人など、特定の少人数で安心してご利用ください」と田川英人店長。
歌唱時の飛沫防止対策も徹底。マイクヘッドは使い捨てのカバーで覆い、マイクと顔を覆う透明のマイクシールドも用意している。
また、提供する料理はシェフが仕込みも一から手がけるなど、本格的と評判だ。料理と飲み放題が付いた150分プランは3500円〜となっている。
営業時間は午後6時〜午前5時(金・土は午前6時)まで。無休。


スタイリッシュな店内。デートにも最適


ススキノの象徴ともいえる斬新なデザインの建物

レストランカラオケ エルカーサ

札幌市中央区南7西5 ☎011・520・2770