サツマイモを使ったあんパンが大人気


元祖薄皮焼き芋あんぱん

 20年7月15日にオープンした「夜の鶴、月の芋。」 店頭では〝薄皮焼き芋あんぱん専門店〟を標榜し、サツマイモを使ったオリジナルのスイーツを販売。市電通りに面したプレジデント松井ビルに入居する小さな路面店だが、流行に敏感な若い女性を中心に人気となっている。
 看板メニューの「元祖薄皮焼き芋あんぱん」(400円)は、道産小麦ゆめちからを使った薄皮パンの中に、季節ごとに厳選したサツマイモのあんを練り込んでつくられている。
 平日は1日5回、土日は1日4回焼き上げるが、売り切れになることも多い。
 食べ方は、皮がサクサクとした焼きたてがオススメだが、電子レンジで40秒ほど温め直すことでしっとりとした食感も楽しめる。冷蔵庫で冷やしてもおいしい。
 単品のほか、ギフト箱に入ったお土産セット(3個・1250円)もある。
 また、1日限定50食の「焼いもんぶらんパフェ」(600円)や「北海道牛乳ソフトクリーム」(350円)も人気となっている。
 営業時間は午前10時~午後6時まで。売り切れ次第終了となる


焼いもんぶらんパフェ

夜の鶴、月の芋。

札幌市中央区南1西5 プレジデント松井ビル1階 ☎011・212・1212