博多のご当地かわ焼きを道内で初めて提供


看板メニューの「かわ焼き」

 ススキノ地区から少し外れに歩くと気軽に九州福岡の味を堪能できる店がある。そこは地元の博多では、予約の取れない店として知られる「博多かわ屋 すすきの店」で、昨年末に北海道に初上陸。すでに評判店となっている。
 道産子の胃袋をつかんでいるのが看板メニュー「かわ焼き」(1本170円)。日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」などで〝福岡県民のソウルフード〟として紹介されたこともある逸品。道内で初めて提供している。
 材料に鶏の首周りの皮だけを用い、串に巻き付けているのが特徴。調理はタレ付けと寝かしを6日繰り返すこだわりようで、提供する直前に火入れをすることで、外はパリッと、なかはモッチリという食感に仕上げた。一度食べるとやみつきに成ること間違いなし。
 また、鶏肉のササミを軽く炙り、ワサビ醤油で食べる「シギ焼き」(同180円)も絶品。
 また、シメにオススメなのが「博多屋台名物焼きラーメン」(720円)。ドリンクでは、地元産の焼酎を凍らせてつくる「金宮シャリキンレモンサワー」(550円)も人気だ。
 営業時間は午後5時~同11時30分。年中無休(12月31日~1月2日は休み)。


「シギ焼き」も人気

博多かわ屋 すすきの店

札幌市中央区南7西3LC弐番館4階 ☎011・211・8208