「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 法律相談

Lawyer

このエントリーをはてなブックマークに追加

法律相談掲載号:2016年11月

photo

 
弁護士 前田 尚一
まえだ・しょういち/1959年1月22日岩見沢市生まれ。
北大法学部卒。93年前田尚一法律事務所開設。
UHB「のりゆきのトークDE北海道」、STV「どさんこワイド」出演。
JR札幌病院倫理委員・臨床研究審査委員。
元・北海道大学法科大学院実務家教員

第56回 弁護士として見る高畑容疑者不起訴の裏側

最近顧問先となった会社の社長A氏との酒席での会話です。

◇     ◇

A氏 強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者が不起訴処分となりましたね。示談が成立したので告訴が取り下げられたのですね。

前田 いいえ。訴追(起訴)・処罰に告訴を必要とする親告罪(刑法180条1項)である強姦罪に対し、強姦致傷罪は犯罪の程度がより重大で、訴追・処罰を被害者個人の意思に委ねる限界を超えていると考えられ、親告罪ではないのです。

A氏 仮に有罪になっても、執行猶予が付くのではないですか。

前田 ここが重大なポイントです。強姦致傷罪の場合、無期または5年以上の懲役(181条2項。「死傷」をまとめて規定)とされています。懲役の場合の執行猶予は3年以下でないと付けられません(25条2項)。つまり、起訴されて強姦致傷罪で有罪となれば、刑務所に入ることになります。酌量減軽(66条)という極めて例外的措置もありますが、刑事弁護人としては例外的措置を最初から狙うのは得策とはいえず、まず不起訴に持ち込むというのがプロとしての腕の見せどころでしょうね。

A氏 示談ができても検察官は起訴できるのではないのですか。

前田 そこが難解な点です。私は企業法務など民事専門ですから、もし私が刑事弁護人だったら、という架空の思い付きで推測します。

まず注目べきは、釈放と同時に、担当弁護士が「違法性の顕著な悪質な事件ではない」「起訴されていれば無罪主張をした」などと述べている点。こうした発言をする以上、被害者側から蒸し返されないための対策がされているはず。私であれば、容疑者側からの一定の発言を容認してもらうことを示談の内容にしておくでしょう。そして何より、検察官が起訴するのを差し控えたくなるような関係を被害者との間で構築できるように努力しますね。初期の報道で気になった点もあり、この続きは店を変えて内緒でお話ししましょう。

A氏 しかし、俳優生命は絶たれたのではないですか。

前田 今回は、刑務所に行かずに済んだこと、それがとても難しいこと、そして実現したことに着目すべきです。高畑淳子氏が母だからこそかもしれませんが……。

テレビには、高畑容疑者の担当弁護士として若い女性弁護士が登場していましたが、所属事務所の代表は、三浦和義氏、安部英医師、村木厚子氏、鈴木宗男氏、小沢一郎氏らの弁護を担当した弘中惇一郎弁護士。私の想像を超える巧みな弁護活動がされていたはずです。

高畑淳子氏の速やかな記者会見を見ていると、ベッキー氏、高島礼子氏、中村橋之助氏らの記者会見と比較し興味深い点があります。後日、報道機関に対する対応というテーマでお話ししましょう。

 

前田尚一法律事務所:
フリーダイヤル 0120・48・1744
http://www.smaedalaw.com/