「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 生活に潜むリーガルハザード

Lawyer

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活に潜むリーガルハザード掲載号:2019年7月

photo

 
弁護士 前田 尚一
まえだ・しょういち/1959年1月22日岩見沢市生まれ。
北大法学部卒。93年前田尚一法律事務所開設。
UHB「のりゆきのトークDE北海道」、STV「どさんこワイド」出演。
JR札幌病院倫理委員・臨床研究審査委員。
元・北海道大学法科大学院実務家教員

第5話 言動に注意。言葉が一人歩きする時代

口は災いのもと。取り返しのつかない事態になることも

「尾を引く丸山議員戦争発言 問題行動も次々 道内外で広がる波紋」―日刊紙のニュースサイトの見出しです(毎日新聞・デジタル毎日)。

 いかにどのような弁護を試みても特定の発言が決定的となるのが今この時代の現状です。かつては、酒席での発言は何かと割り引かれる傾向がありましたが、今や「酒は善人をも狂わせる」と言うより「酒は普段その人が取り繕い覆い隠している本性を暴く作用として働いた」というのが、社会に受け入れられる考えのようです。

 丸山穂高議員の発言は、内容は論外としても、非難・攻撃のプロセスがステレオタイプ・紋切り型に進んでいくのが現在の特徴です。

言葉の受け取り方は、関係性や容姿でも異なる

 しかし、自分の言動がステレオタイプ・紋切り型に決め付けられるのではたまりません。考えてほしいことは、どのように問題発言と確定されるか、ということです。

  唯一間違いのない答えはありません。一例として、セクハラ・パワハラなどでトラブル化・紛争化する場面を想像してください。時代遅れの解説かもしれませんが、次のように述べると理解しやすいでしょう。キムタクに言われるのと、斜め横に座っている課長に言われるのとでは、同じことを言われても受け取る印象の程度どころか、快・不快が正反対になりかねない、ということです。

 言葉が引き起こす力学は、そこにかかわる人の「関係性」で働きが変わり、発言した本人の意図とは別に、その言葉自体の意味が確定します。もちろん、社会の風潮にも影響されるでしょう。これは、本誌での前連載「会社を守る法律講座」第54回「〝有罪の推定〟が働けば、白でも黒に」で詳しくお伝えしたところです。

 いずれにせよ「正論」「失言」「暴言」がどのように評価されるかは、本人の意図とは全く別に確定するという現実は認識しておかなければなりません。発言がすべてスマホで容易に録音されてしまう現在、何かのプロジェクトを進める場合、この認識・理解を組み込んで構築することが不可欠です。

 職業柄、多くの失敗を見てきましたので、企業経営者・経営幹部向けセミナー 「解雇・退職勧奨でやってはいけないこと」を開催することにいたしました。

 解雇が難しい場合、退職届さえとればよいというお手軽なやり方がいかに危険か、ある一言が致命的となること、退職勧奨を成功させるにはどのような方法をとるのがよいのかをお伝えする企画です。

 早々に定員に達してしまいましたが、もし関心を持たれた方は、ぜひ次回開催をお待ちください。

前田尚一法律事務所:
フリーダイヤル 0120・48・1744
https://札幌弁護士.com/