「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 法律相談

Lawyer

このエントリーをはてなブックマークに追加

法律相談掲載号:2012年6月

photo

 
弁護士 前田 尚一
まえだ・しょういち/1959年1月22日岩見沢市生まれ。
北大法学部卒。93年前田尚一法律事務所開設。
UHB「のりゆきのトークDE北海道」、STV「どさんこワイド」出演。
JR札幌病院倫理委員・臨床研究審査委員。
元・北海道大学法科大学院実務家教員

第14回 ちょっと待った!新規事業を始める前に

――本業がうまくいかないので、新規事業で挽回しようと考える経営者は多いようです。
前田 本業と違う分野に飛び込む場合、慎重でなければなりません。信頼できる人だと思っていたのに権利金を支払ったら、そのまま行方不明になったとか、規模を拡大している企業だから安心だと、そのフランチャイズに加盟したら、実情は資金を集めるために自転車操業で火の車。結局、倒産してしまったという事件もよく起きています。
――それは詐欺罪で告訴すればよいのでは?
前田 初めから騙すつもりであれば、詐欺罪が成立することもあります。しかし、騙す意思は心の内面の問題です。立証がなかなか難しい。捜査機関もなかなか動いてくれません。仮に詐欺罪が成立したとしても、せいぜい刑務所に入るくらいです。捕まっても資産がなければ、返済を受けることができません。
――詐欺には当たらないということですか?
前田 中国の例をご紹介しましょう。女性企業家が販売会社を設立。高い配当を宣伝文句に日本円で約100億円を集めました。金は宝石や高級自動車の購入、借金の返済に消えました。女性経営者は逮捕され、中国の裁判所は詐欺罪で死刑判決を言い渡したのです。ところが中国国内では、「借金をして失敗したら死刑というのであれば、安心して事業をすることができない」との批判が高まり、最高裁で死刑が覆りました。詐欺罪は死刑という中国ですらこの判例です。これが日本を含め世界のスタンダードです。
――被害者は泣き寝入りですね。
前田 詐欺かどうか考える前に、これから事業を始めるというのであれば、初めから成功するかどうかをきちんと検討して決めることです。本業がダメで困っていると、目の前のもうけ話に飛びつきやすい。目が曇るどころか、裏付けがないのに「ウマくいくに決まっている」と思い込んでしまう。ハイリターンの裏にはハイリスクがあるのです。
――弁護士さんに相談する必要はありますか。
前田 世の中には、成功を嗅ぎつける類い希な勘を持った人もいます。99%の人はその能力はありません。それを補う専門家の意見を聴く中で進めなければ、物事が上手に進むはずがありません。分野毎に専門家は違いますが、例えば倒産事件や詐欺事件、消費者事件などの具体的事案は把握しています。それと類似するかどうかなどについて、法律的観点からのアドバイスは可能です。当事務所では、このような相談も取り扱っていますので、ぜひご相談ください。

前田尚一法律事務所:
フリーダイヤル 0120・48・1744
http://www.smaedalaw.com/