「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/07/07(月) 九州へ異動した道警幹部の実態

「これが九州管区主席監察官O・Mの実態」と題する投書が届いた。Oは北海道警察で監察官室長、釧路警察署長などを歴任した大物。それが一転、道警の事情聴取を受けているという。以下要旨。原文は実名。

<北海道警察で監察官室長、釧路警察署長を勤め、25年3月に九州管区に異例の異動になったO・Mが、覚醒剤所持の女との長期交際を続けていた事が発覚し覚醒剤の使用事実を含めて調べを受けている。
釧路署で6月に覚醒剤で捕まった女の供述から明るみになり、6月初に九州から北海道に戻されて隠密に事情聴取を受けている。
当時から女と一緒に覚醒剤を使用したのではないか。女が覚醒剤をやっているのを知っているのに見逃していたのではないか犯人隠避にならないか調べているようである。

この女とは、釧路方面本部鑑識課次席のころから不倫を続けていた。
警察は、ぽん中の女がOとの関係を認めているのに、事件が大きくなるのを恐れて単なる不倫騒動で終わらせようとしている。

この話を聞いた職員は、覚醒剤を女と一緒に使用することは当然とみている。確かに過去の話かも知れないが、女が認めているので事実は事実である。

Oのそんな話は、昔からあるのに、何故最高幹部になったのか。何故北海道から九州管区に異動になったのか、女と暴力団との関わりが表に出ないうちに当時のS本部長とK警務部長が決断したのだろう。報道機関も首をひねっていたでしょう。

Oは、九州の官舎を引き払って荷物をまとめて自宅に帰ってきている。九州では、突然姿が見えなくなって、同僚が官舎に行ったところレンタルの冷蔵庫などが残っているだけで他の荷物は全くなかったというからこれまたびっくりですね。夜逃げ状態で戻ったのでしょう。

女と暴力団との縁は切れないもの。
不倫の数々
●●●署長時代は、察回りの女記者と不倫の挙げ句に、その女記者を部下職員に紹介して結婚させた。上手な後始末ができたと知らん顔。

■■方面本部捜査課長時代は、昔からの不倫相手(ススキノのスナックRのママ)を官舎に泊まらせ、官舎の住人に見られた時には「自分の女房」に仕立てその場を納めた。ママからの証言(私びっくりしたよ。私を女房って平気で言うんだもの)である。

この件で、監察官室長の時に、このママとの不倫で投書が入り、当時の監察官(S札幌市警察部長)がママに聞き取り調査をしたそうで、その時ママは不倫を否定したことから処分されなかったが、後にママは、客の警察OBに対して「Sさんという人から、Oさんとの関係をいろいろ聞かれ、肉体関係はやってないと言ったけど、そんなのバクバク当たり前でしょうね」と暴露している。
この投書が入って、Oは慌てて当時のS本部長の所に行きウソの申し開きをした。S本部長も自分の身を案じ、聞かなかったこととしている。

△△△署時代は、部下の女性警察官と関係を持ち、刑事経験が少なくないこの女を、捜査員からの反対を押し切って刑事に登用し、その年に昇任試験にも合格させた。

女の話は昔から事欠かなかった。多くの女性職員がOには警戒していたという。まだまだ数々あるが書ききれないし、これがOの性癖ですよ。

暴力団との交際と事件の取り計らいの数々
監察室長時代に、暴力団との交際は、過去から噂があるが特に、Y組二代目O組のM興業 M組長とは縁が深く、監察官室長から釧路署長に転勤する平成24年3月にM組長に送別会をやって貰っている。
暴力団との付き合いがあることだけで問題でないか。

釧路署長時代は、前記のM組長配下の組員2人が、24年7月に釧路市内で酒酔い、無免許、信号無視、当て逃げ、犯人隠避の事件を起こした際に、即日O署長とM組長が打ち合わせをして後日本犯を出頭させ、逮捕しないで任意捜査で終わらせた。
署員は、難しい捜査と思っていたところ、被疑者が突然出頭してきたので変だと話しているが、現役暴力団の事件で、ましてや被疑者のMは東京居住の者で逃走の恐れは十分あるのに任意捜査はあり得ない。Oは、業務上常に部下に対して厳しく無理難題を言って「魂入れて仕事しろ」とパワハラしているのにこの事件指揮は七不思議となっている。
これは、立派な犯罪ではないか、M組長に捜査情報漏洩(守秘義務違反)、贈収賄に発展しないか。

このようなスキャンダルは、氷山の一角ですよ。
Oはここにきて、墓穴を掘ったようだが、組織も不倫で幕引きを狙っている。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。