「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/12/18(水) ダンススタジオでのトラブル

 ダンスを生業としている20代後半の男性にまつわる告発文が届いた。ネットで検索すると、そこそこ有名なダンサーのようだ。しかし投稿者は、華やかなダンサーの素顔は偏執的なストーカーではないのかと指摘している。以下、全文。原文は実名。

<突然すみません。最近聞いた噂話が少し怖かったので話を聞いていほしいです。私はダンスを習っていて、ダンススタジオに通っているのですが、そこについこの間までいた先生のことなのですが、S・Aという名前で、年齢が20代後半。主に、札幌と東京でダンスをしていたり、教えたりしているらしいのですが、その先生が、以前いたダンススタジオで生徒とトラブルになり、そこを辞め、その生徒を訴えようとして弁護士までつけたらしいのですが、失敗したということがあったらしいんです。

その生徒は今、ダンススタジオには来ていないそうで、どこでどうしているのかわからないらしいのですが、一説によると、↑のことが原因で、病院にずっと入院していて、ダンスはおろか、社会復帰もできていないらしいんです。

このS先生は、●ッキーと呼ばれていて、一部の若い生徒から絶大な人気があったそうなのですが、揉めごとの多い先生でもあるそうで、いままでいろいろなダンススタジオを転々と渡り歩いているそうです。

教育大出身で、学校の教員免許も持っていたそうなのですが、いまは持っていないそうです。どうしていまは免許を持っていないのか誰も知らないそうです。

そして、ここからが驚きなのですが、S先生は↑の生徒をまだ訴えようとしているらしいのです!月に一度どこかに集まって、集会を開き、↑の生徒に関する情報を集めているそうです!私は(S先生が)ストーカーだと思います。何があったかわかりませんが、相当な恨みの気持ちを抱いているようです。

S先生は、いまでも密に弁護士と連絡を取っているそうです。そして、弁護士を通じてしつこく↑の生徒に電話をかけ続けているそうです。

↑の生徒が通っていたダンススタジオでは(↑の生徒が)どうやらハメられたようだ。可哀想。S先生は恐ろしくて執念深い。徹底的に相手を攻撃しないと気が済まない人。親は「暴力団員」という声もあるそうです。S先生は、被害者を装っているけれど「加害者だ」という声が↑の生徒が通っていたダンススタジオでは多いようです。S先生は、東京でミュージカル「●●●●●●●●●●」にも出演するなど活躍の場を広げているそうです。でも、誰かがS先生にハッキリと追及して、事の真相をシッカリと明らかにしたほうがいいと思います。うちのスタジオの生徒たちは、いま流行りのフェイスブックやらツイッターやらでS先生と繋がっている子たちが多いのですが、みな↑のことがあるので、S先生のチェックを恐れて、S先生のご機嫌を損ねないように、自由に書き込みができないと嘆いていました。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。