「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/12/01(日) 指定管理者制度の悪用

 札幌近郊の某市で、指定管理者制度を悪用した不正の実態を告発する文書が届いた。市から指定管理を受けたNPO法人の理事長は、社用車に外車を乗り回し、会社に胸の大きな若い愛人を連れ歩いているという。告発者は「市民税が理事長の外車と愛人に使われているかと思うと極めて遺憾」と関係団体に文書を送っているようだ。以下、要旨。原文は実名。関係者に送られた文書も合わせて公開する。

<内部告発致します。

私たちは今までE市Kセンターの指定管理者として働いて参りました。指定管理者名はNPO法人I協会(代表理事T・S)ですが、名前だけで、実際の管理者は株式会社T(代表取締役T・S)です。株式会社の脱税対策としてNPOへ上手に寄付等をして、社用車はベンツの他、すべて外車です。来年3月末までは指定管理期間ですが、9月に指定管理者の募集とE市ではホームページを通じて他の団体にも参加表明を出させましたが、同封したZプロジェクトを見て頂ければわかりますが、見せかけだけのプロポーザルです。裏づけとして、E市企画政策部S・M部長、E市K・Y部長とこのプロジェクトは8月の段階ですでに決まっており、T・Sは「部長相手に接待すると金がかかる」と会社内(みんなの前)で正々堂々と言っておりました。NPO法人I協会は名前だけの団体です。求職者支援訓練も行なっておりますが、就職率が未達成のため、卒業生にTで条件付き契約社員でアルバイトさせ、労働局と雇用能力開発機構に嘘の就職率を報告しております。自社雇用は就職にならないと明記されてあるからです。Tの仕事をE市Kセンターで名前をNPOに変えて働かせております。10月から求職者支援訓練の卒業生を5名中2名アルバイトさせ、1名はK市の既婚の女性で愛人関係にあります。選定委員会委員もZプロジェクトのことは9月の時点で知っており、私たちもT・SやYから聞いていました。釘を駐車場に何回もばらまかれたり、壁にT・Sへの恨み(辞めさせられた従業員は数十名)を書かれたり、今は毎日、警察が夜9時30分前後にパトロールにきてもらったり、赤橙を回転させ駐車場を威嚇運転してもらい、経費削減と言いながら毎日、入口の玄関の電源は点けっぱなし、駐車場の外灯も早い時間から点けてE市立病院より明るいです。そのため、近隣住民からは市税を無駄にするなと何回もクレームが今でもきております。Zプロジェクトは本来であればE市内でITまたはパソコン教室を行なっている企業にも教えて入札制にするのが常識でありますが、市役所の職員と市議会議員に裏金を払ったとT・Sが酔った時に話してくれました。是非、マスコミ関係のみなさま、この会社とE市の裏金問題を追及してください。この文章はE市内のPC教室および関係団体、今回プロポーザルで落とされた団体、市長、道庁、各TV局へ送りました。私たちはパソコンが出来ないからと解雇と同列扱いで辞めさせられました。ホームページも自社のがやっと7年後(今)できてブログを見て頂ければわかりますが、全員若いです。彼らも3月末までの雇用と私たちに愚痴をもらしていました。

E市の市民税は、T・Sの外車と愛人に使われているかと思うと極めて遺憾です。>

【同封されていたE市Kセンター関係者に送られた文書】
<E市Kセンター関係者各位様

私たちは7年間、E市Kセンターで働いてまいりました。しかしながらT・S理事長のワンマン経営でほとんどの仲間が去っていき、生活もかかっているため何とか耐えてきましたが、もう限界です。E市からの毎年の委託金で外車の購入やT・S理事長は「辞めたければいつでも辞めれ。貴方たちの代わりはすでに決まっている」と言われ、NPO法人I協会のパート社員のほとんどが退社し、労働基準監督署に行き相談し、あっせん委員会で法的に戦おうとみなで決めました。T・S 理事長の株式会社Tから人員を送り込んで委託金を不正に使い、外車の購入と新人社員でE市民以外の胸の大きな若い女性を雇い入れ、愛人同様に毎日食事をしており、私たちに「まだいたの?いつ辞めるの?」と言われましたのでE市内のNPO法人等、会社の機密事項を匿名にて送りました。パソコンも7年前から同じで、パソコンのログインIDを教えました。IDは●●●●●●05です。経理も株式会社Tから人員を配置し、不正にE市に嘘の申請をしております。今まで何度も駐車場に釘を撒かれたり、社用車をパンクさせられたり、さまざまな事件がありましたが、E市役所や知人に言った場合「懲戒免職にするぞ」と脅されました。今月に入り、毎日午後9時にパトカーに駐車場に来てもらい、威嚇運転を頼み、近隣住民も怯えて苦情の電話も何回もきましたが、E市役所には絶対言うなとの命令で、とくにT・S理事長は1カ月に1度、E市Kセンターにくればいいほうです。そのため、嘘の来場者数のねつ造も命じられました。こんな会社に委託するようでしたら私たちの内部機密事項をすべてさまざまな団体、関係機関に暴露します。市税を有効活用して頂きたいのが私たちの願いです。本日も釘を撒かれ、壁にT・S理事長の誹謗中傷文が書かれました。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。