「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/07/20(土) 某放送局のストーカー

 すでに退職している元部下の女性に対し、いまもなおストーカー行為を続ける非常勤社員の告発が寄せられた。わざわざ女性の自宅の近くに住まいを借り、嫌がらせ行為をしているという。以下、全文。原文は実名。

<某放送局で非常勤で働いているE・Nという●タクシーの運転手がいま現在ストーカーをしている。

相手は、同じ某放送局で働いていた自分の部下に当たる女性社員で現在退職済み。

Eが先に退職したが、退職後も某放送局に毎日のように出入り。まるで退職していないかのように振る舞い続け、女性社員につきまとい。女性社員の仕事中に他の運転手と卑猥な話や下品な話をし、女性にも話し掛けるなど仕事の邪魔をした挙句、退職したのにもかかわらず自宅から洗濯物を持ち込み、職場で洗濯するなど常軌を逸した行動を2年間も取り続けた。

元上司のつきまとい行為を迷惑に感じた女性社員は、本社の上司に相談するも相手にされず、その後退職。

女性社員が退職したのを知ったEは、女性の自宅すぐ近くに住んでいる学生時代の友人(T)宅に住まいを借り住みついた。

犬を飼い、犬の糞尿を女性宅の前にばら撒いたり、2年間もの間、昼夜問わず、犬を外でうるさく吠えさせ、近隣住民に何度も通報され、A警察署員が駆けつけるも、まったく言うことを聞かない有り様。

某放送局に出勤するときはタクシーの送迎を断り、自分の車で出勤退社。同僚の運転手たちに自分がAに住んでいることがバレないようにしている。

たまに自分の自宅に帰っている。本人の自宅の近隣住民との間でも問題を起こしている。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。