「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/07/08(月) 居宅?雀荘?

「札幌市市民」を名乗る人から投書が寄せられた。札幌市が購入した施設に、不正な使用実態があるという。その内容は驚くばかり。以下、要旨。原文は実名。

<突然、このようなお便りをお出しする失礼と匿名をお詫びします。
札幌市が、所有の建物の運営について 疑問点があり お手紙を出しました。

建物とは、さっぽろGBYです。

平成21年12月より、札幌市が、市民の税金を投入して 購入した 公共の施設です。

その施設に平成21年12月より現在まで、勤務している一部の従業員が宿泊部の一室 ●●●号室に 家族と供に 無償で 居宅として住居しているという 事実があります。

他に、施設の会議室の一室を、限られた一部の利用者に 賭け麻雀をするために貸し出すという事実が 多々あります。賭博の場を、提供している

約3年6カ月の宿泊費は、業務横領ではないのでしょうか。

さっぽろGBYは、無償の札幌市市営住宅なのでしょうか。

さっぽろGBYは、公共の雀荘なのでしょうか。

公共の施設を、ごく一部の者が私物化して使用していませんか。

疑問に思います。

関係している当事者を厳正に処分と対処弁済を求めます。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。