「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/05/31(金) 公然の秘密の違反行為

 札幌市内の某医療機関に以前勤務していたという人物から匿名の投書が送られてきた。長く医療法違反の行為を繰り返し、周囲には公然の秘密になっていたという。良心の呵責に耐えかねた末の告発なのか。以下全文。原文は実名。

<匿名で失礼します

札幌にある「U整形外科」は医者でもないリハビリの職員が院長先生の代わりに診察をおこなっています
私も現場から離れましたので最近は道かわかりませんが、過去にさかのぼっても、昔から、かなりの年数をそうしていると思います
職員はもちろん知っているでしょうし、出入りのメーカー、業者ならおそらく多くの人がその事実を知っていたと思います

また、以前、期限切れの医療材料を手術で使用したりしているという話も、Mという会社の社長やMさん、他のメーカーの人たちが言っているのを聞いたことがあります

医者が頂点のあの医療業界ではそれがたとえ間違っていても誰も逆らうことはできません

そういうこともあり仕事は大変ですが、ドクター戸の付き合いは、酒とゴルフさえおさえておけば、時々無茶なことはありますが、意外に簡単な気もします。

医療事故がいろいろマスコミでも騒がれている昨今、今更ではありますが、誰かに伝えたいと思いました>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。