「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/03/29(金) 信じられない医療機関の対応

 札幌市内の複数の医療機関について、実際、身内がかかった時の体験談を記した封書が寄せられた。中には10年前の話も書かれているのだが、いまだにその時の怒りや悔しさが忘れられないという。そんな悔恨を吐露する切歯扼腕の告発。原文は実名。

<【Aレディースクリニック】
 最近、ネットの悪評に気づかずに地の利のよさだけで検査に行ったが、医師の態度の傲慢さと看護師の無礼な態度には閉口した。あとで読んだネットの悪評通り。他の病院への紹介状を依頼したが、2週間もなしのつぶてで、知り合いの医療関係者に相談して催促し、強い態度でこちらが出た途端、急に態度が豹変。とにかく人間としてのマナーがなっていない。ホルモン注射は1万円する、など値段のことを話題にするのもうさんくさい。不愉快な思いをしている方は、ほかにもいると思われる。

【H会病院】
 10年くらい前に祖母がここで亡くなったのだが、悪質な点を列記すると以下の通り。

① 普通食を食べられない状態である(誤嚥の恐れあり)にもかかわらず、普通食を当然のように配膳し、知らんぷり。
② かなり性格の悪い看護師がいた。挨拶もまともにできない。何かたずねても横柄な態度。看護師として以前に人間として常識が欠如していた。あのような看護師を雇うH会の常識を疑う。
③ 夜間の守衛の態度が人間以下であった。

 危篤の知らせを受けて家族がかけつけたが、いくらベルを鳴らしてもなかなか出ず、しかも何分もたってから面倒くさそうにいやいや鍵を開けるという、見たこともない悪質な人間であった。10年たっても怒りは消えない。

【SD病院(名称が変更になったかもしれません。地下鉄○○駅そば)】
 親戚が8年ほど前、入院していたが、医師の横柄な態度、ドクハラのレベルの言動、すべてが最悪であった。手術がうまくいかなかったことを外部に知られたくないためなのかホスピスへの転院希望を断り、結局その病院で亡くなった。遺族は、いまだ悔しさを抱えたままである。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。