「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/08/01(月) 大手旅行業者に対する内部告発

「ちょうど大学生などが就職活動をされていますが、記事にしていただきたい内容があります」――こんな書き出しで、大手旅行業者の実態を内部告発する文書が寄せられた。実話誌にでも載っていそうな驚きの内容。以下、その要旨(原文は実名)。

新卒学生に人気企業のA社。北海道の場合はA北海道??
入社はやめたほうがいいです。とんでもないブラック企業です。

まず、新入社員が総合職で入社しても3年以内に辞めてしまう理由は簡単。
1)社内イビリ
※現苫小牧支店長のT
新人を添乗に連れて行き、旅先で吐くまで食べることや酒を飲むことを強制(そうしなければ査定下げると脅される)。夜中でも1人で3~5時くらいまで毎晩睡眠を取らせない。
しかも、各勤務先で高校生への淫行・売春を続ける(札幌・室蘭・苫小牧)。
※現網走支店のM(女性)
新人男性を毎晩のように飲み会に参加させて、〆はラブホテルにて関係を持つことを強制する(査定や転勤を有利にするからと誘われる)。40歳くらいまでは東京農業大学網走の大学生を相手にしていたが、50歳近くなると相手にしてもらえないので、社員に手を出すようになった。
※現北見支店のK
この男は新人男性に関係を迫る。もし断ると、あることないこと噂を流し、社内にいにくい状況をつくって転勤願や退職願の提出を強制させる。

2)社内モラルの低下
※領収書を自作して請求額を上乗せし、差額を着服。
※社内備品や販売促進物を持ち出し、ネットオークションに出品転売。
※営業車の給油カードを使って自家用車に給油(深夜に実施)。
※歳暮・中元に現金や品物の付け届け、飲み代の支払いの強制(上司から部下へのカツアゲ、年末忘年会費の支払いの強要)。
※旅館・バス会社・お土産店・人材派遣会社などの関係者への金品のタカリ(北海道企画販売部課長のKは金のみならず風俗店などの接待受けている。社内では一番悪質なケース)。

3)労働環境の低下
※サービス残業の強制(本社からの残業時間の査定があるので、支店長は定時で一旦社員を帰宅。その後、深夜から早朝にかけて再び出社させる。形としては残業時間がゼロ)。
※基本的に契約社員は1年契約3回限度の更新。よって3年後には再び就活をしなければならない(そういった契約社員の弱みに付け込んで、元函館支店のKのように契約更新時の給料アップや正社員への昇進をエサに女性契約社員に性的関係を迫るケースもある)。

とにかく「就活学生の人気企業」とあぐらをかいているような会社で、給与も低く(30歳でも年収300万円を切る)、ボーナスは今回も0.25カ月分しかなく、サービス残業や金にまつわる不正も多い。こんな会社に入社しても何の能力向上にもならない。

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。