「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/03/13(日) 札幌の老舗ホテルの実態

札幌の老舗ホテルの実態について告発するメールが届いた。以下全文(原文は実名)


老舗ホテルSの実態について取材されたらいかがでしょうか?
従業員(管理職も含め)、実際は低給料で長い時間働かされ、経営者に意見する者がいればすぐ降格、または解雇。それがひどくなったのはやはり社長の息子がきてからだ。
ホテルはサービスとは程遠い状態。
なんとか今いる従業員の頑張りで維持している状態。
社長以下創業者一族は、お客さまに『いらっしゃいませ』『ありがとうございます』の気持ちは全くなく、ただ自分たちの財産を守ろうとしているだけ。今となっては老舗旅館ではないサービスの低下を招いている。
従業員、元従業員に密かに取材されるといいと思います。
きっといろいろ出てきますよ。

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。