「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/09/16(木) おかしなパチンコ業界

 パチンコの業界団体の現状について、元ホール経営者と思われる方から投書が送られてきた。(原文は実名)


 私は最近まで札幌方面のある地区でパチンコ営業をしていた者ですが、廃業した今思えば、この業界は昔から何も変わることのない不思議な業界です。
 この業界は、皆さんご存じのように脱税と裏物部品を付けて不正営業で成り立っている業界で、叩けばいくらでも埃の出る業界です。(業界団体の)理事長始め、ほとんどの経営者は脱税と不正営業は当たり前と考え経営しています。ごくまれに真面目に営業している経営者もいますが、ここ4、5年の間にだって、江別、根室、室蘭、中標津、苫小牧などで不正営業で警察に摘発されたり、脱税で小樽地区で2ホールぐらい摘発されています。
 この私も、税務署の目をゴマかし、小さいホールで頑張ってきましたが、地元の業者に物を言わせないで、なりふり構わないで大々的に宣伝営業する道外業者に押し負けした人間の一人です。

 私のことはこれぐらいにして、前述のように理事長始めほとんど経営者は、脱税か不正営業で儲けを考えており、今年5月に辞めた札幌の某理事長だって、平成14、5年の秋頃、某市内のホールの台に裏物を付けて営業していたことがバレて警察に捕まった人間です。それでも平然と札幌遊技業協同組合理事長、札幌方面遊技業協同組合理事長として威張って理事長職についていました。
 いま道内には約610店くらいのホールがあります。そのうちの半分は札幌方面にあり、その大多数は札幌市内です。こういうホールの数からすると札幌方面の理事長が全道の理事長についても不思議はないのですが、なぜか昔から札幌方面の理事長は全道の理事長になれません。
 その理由は何か。数の力で物事を決めようとする傲慢さ、非常識な言動、札幌方面組合、札幌組合の不明朗な会計処理などの問題で、他の役員から全く信用されていないからです。

 話を前に戻して、不正営業で行政に捕まった理事長が、引き続き理事長という立場についていても、指導取り締まりする立場の行政が何もしないでいるのだから、世間の目から見れば「業界と警察の癒着だ」と言われても仕方がないでしょう。
 その前理事長が5月に辞めるにあたって、3月に不渡りをだし、借金を払えないで店をつぶした経営者に、「理事長としての給料を出すからやってはどうか」と声をかけたら、「はい喜んでやります」と引き受け、今は札幌遊技業組合と札幌方面組合の両方の理事長になり、時にはでかい顔をし、時には借金取りから逃げるため、東京へ会議のためと言っては組合から高額の出張旅費を出させて、全日遊連からも出張旅費をもらい、二重取りして逃げ回っています。
 この理事長職なんて名誉職みたいなもので昔から無給であるのに、これからは毎月30万円から50万円の給料を出す事に決めたそうです。
 こういう大事なことを組合員に何も相談もなく、一部の役員だけで決めてしまった。この不況でホールは大変なときに、不渡りを出した人間に、しかも理事長と言ってもたいした仕事もないのに、年間500万円もの給料を払うとはどういうことなのでしょうか。ホールにとっては組合費の支払いだって大変なのに、その組合費から無給のはずの理事長に大金の給料を払うとは気が知れないし、もらう方ももらう方です。もっとも前の理事長は南の人間で、今度の理事長も南の人間で収入もないことから、可哀想に思うのも無理はないけれど……

 次に不渡り出して廃業した人間は、ホール経営者でもなければ組合員でもないようです。そういう人間が理事長になって何の意味があるのでしょうか。理事会などで、今後の営業方針、組合のあり方などについて堂々と発言し、これを真面目に聞いている他の役員の顔を見ていると、アホに見えてきます。役員と新しい理事長の間に何があるのか。何か弱みでも握られているのか疑いたくもなります。
 先日行われた道内のパチンコ業界のトップ組織の「北海道遊技事業協同組合連合」の総会の理事長名簿のコピーが手に入ったのですが、驚くべき事実がわかりました。理事長の店は既に倒産し廃業しているのに、名簿には札幌方面の理事長としてその店を経営する会社の「代表取締役」となっているではありませんか。ホールの許可名義人は父親の名前であり、名簿をみる限り本人は業界の組織は全く関係がないことになります。

 またこの理事長は南の人間なのに、なぜか北の経営者や、その店の店長クラスの人間の集まりである「支配人会」の意見をよく聞き、会議でそれを通そうとすることが面白い。北と南は水と油の関係なのに、その気持ち考えがよくわからない。いずれにしてもパチンコ業界は昔と何も変わらない変な業界です。

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。