「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/02/26(日) 郵便局内のパワハラ

 某郵便局「有志の会」を名乗る人物から投書が寄せられた。送り先は「法務局人権擁護部門」「労基署相談窓口」「マスコミ」各位となっている。いま札幌市内の某郵便局では、小さな事故を起こした職員に対し、辞職に追い込むためと推察されるパワーハラスメントが横行しているという。以下全文。原文は実名。

<●●郵便局第一集配営業部の、H部長、F課長、S班長による班員Kに対するハラスメントの報告、相談です。

始まりは、昨年の秋K班員が郵便車で軽い事故(接触)を起こしました。その後、事故事例研究会が開かれ注意喚起されました。

この件からパワハラが始まりました。
「辞めさせたいけど辞めれとは言えないので……」
通常業務は、二輪車で配達作業をするのですが、「辞めさせたい」為徒歩で(リュック・手提げバッグ)重たい郵便を持たせて、この時期(極寒時・暴風雪時)毎日配達させて犯罪者のような扱いをしています。見せしめもあると思います。
これは、完全な上司・部下の権力を使ったハラスメントです。

一度、調査して頂きたいと思います。職員から色々な証言が取れると思います。

宜しくお願い致します。             以上>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。