「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/09/16(水) 呆れた議長

 ある町議会議長にまつわる告発が寄せられた。河川法違反を犯したにもかかわらず、反省の姿勢が見られないという。周囲も見て見ぬふり。町の将来を憂慮する。以下全文。原文は実名。

<今、N町では次のようなことが起こり話題になっています。

 N町の議長(Y・K氏)が自分の畑の中を流れる町の川に許可なく勝手に鉄骨の橋をかけ、町からの撤去の指導にも従わず、町民から議会に対し責任を追及されようやく橋を撤去した有様です。

 本人は、公人であり、議長という責任の重さを理解せず、橋を撤去したのだからどこが悪いと開き直るばかりです。
 町の指導に対し、議長が河川法に違反しているという意味が理解されていないようです。
 このような人が権力だけをふるい、これからの4年間N町がどうなっていくか不安でなりません。ほとんどが議長に対しては見て見ぬふりです。
 多くの町民の声として、聞いていただきたいと思います。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。