「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/06/09(火) 勤務医が次々とやめていく病院

 某病院に勤務する人物からの匿名の投書が届いた。昨年末から勤務医の退職が相次いでいるという。その原因は何か。投書の人物は運営会社の営利主義にあると見ているが……。以下要旨。原文は実名。

<当C病院は昨年末よりY、Mと医師の退職が続いております。この5月には当院の顔とも言うべきM医師も退職しました。

また、この6月にはK、Y両医師も退職の予定です。

理由がいまいち不明なのですが、実質的な経営者H株式会社の医療を度外視した営利主義によるものともっぱらの噂で、残っている医師は内科、整形、リハビリを含め行き先のない医師しか残らない状態です。

ここまで、ただ医師と言う資格で看護師より劣る者が病院と言う名で何も知らない患者の診療にあたって良いのか。

病院ホームページには、さもどんな病気にも対応できるかのような文言を書き、医師と言うだけで何も知らない他院へのアルバイトに精をだし、時間外の患者も一切診ない医療機関など社会医療法人の資格もないと職員は口々に申しております。

この分だと、やる気のある看護師をはじめ医療技術者も大量に辞める状況です。

非常勤医師もフルタイムのように装い医師の定数をごまかしているのに、社会医療法人の辞退もしていない。

このようなことが許されるのか毎日が不安の日々です。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。