「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/01/14(水) 上も下も腐りきっている

「内部告発です」と断わって、A4コピー用紙2枚にわたる文書が郵送されてきた。いま勤めている会社は、まさにブラック企業だという内容だ。文末には親会社の社長・会長の実名、そして、告発者が現在勤めている社長名、そして自らの名前も明記されている。関係各所にも同一の文書が送られているという。以下要旨。原文は実名。

<内部告発です。私は、N石油MセルフSS店のOと申します。これから記述することは全て事実でございます。この文面と同様の書類は既に労働基準監督署、北海道労働局、札幌弁護士会労働紛争センターほかに送付済みです。私はN石油に平成●●年●月に中途採用されました。年齢は●●歳です。N石油に入社する前まではA市で××職員をしておりました(悪い事をして辞めた訳ではありません)。平成●●年4月30日で閉鎖したN石油S-SSに所長として採用されこの瞬間から劣悪な労働下で勤務する事となったのです。話は前後しますがS-SSの後平成●●年5月1日から平成●●年3月31日までN石油K-SSで過ごしました。M市には昨年の4月から赴任しました。家族はS市に勤務が決まった時から単身でございます。話を戻します。1日の拘束時間は平均15時間は当たり前、1ヶ月の休日は4日程、サービス残業は当たり前です。現在もこの状態は続いております。過去にこの問題が原因で監督署の手入れが入り是正措置を取るように指導を受けたにも関わらず全く直そうとしません。この話は労働局にも伝わっております。ハローワークの求人票には嘘の表記で記載しているのです。時間も休日も労働人員も全て。この嘘(詐欺的で組織ぐるみ)が原因で沢山のかけがえのない従業員が自分から辞めていきました。みな口を揃えて騙された、騙されたと言っていたのを覚えています。上司になぜ時間外労働させているのに時間外を支払わないのか、また従業員を増やすなどして残業をしないような環境にしないのかと尋ねると、この会社は業界の中で1番下なんだ、それに羽振りが悪い、そんなものを払ったら倒産するべや、昔からN石油はこんな劣悪な会社だぞ、嫌なら他に転職すれば、何で面接の時にいろいろと聞かなかったのさ、不平不満があるならさっさと辞めちまえ、お前の代わりは腐るほどいるんだから、前にもいたんだよなアンタみたいに金金と騒ぐ奴がさ、社長に直接言えや、こんな感じです。社長も専務も常務も知らん顔をしてとんでもない奴らです。因みに社長と専務は上部組織のNからきている者です。なぜこの様に全く改善する気がないのか私には分かりません。一言で言えるなら金を支払いたくないの一言だと思います。そこで私は、私を中心に同志(仲間)20数名と組合のようなものを結成し、会社相手にやりあっている最中です。この組合活動の事に関しても様々な嫌がらせが発生しております。最近では、あいつらにボーナス支払うな、まとめて集団自殺すればいいんだ等。もっとむごいのは仲間の身内に対しての嫌がらせ(無言電話、会社に来れないように細工した電話)(早期退職に関するお知らせ等)でも誰1人脱落する者はいません。なぜなら我々は結束が固く嫌がらせが発生すれば、それは犯罪だからです。数々の証拠を我々は持っています。つげ口のように聞こえますが事実なのです。完全にブラック企業化してしまったのです。何もかも。でも会社側は一切認めません。いや認められないのです。情けない話です。私が入社する前の話ですが、2人ほど自殺未遂を起こしたのです。本社にS・Mという大変おろかな男がいて、この男が長年君臨していたせいで沢山の人間が辞めていったのです。でもこの馬鹿は自分は悪くない、悪いのは質の悪いあいつらだと豪語するのです。役員でもないのに役員みたいな顔をして、こいつこそこの会社を立ち去らなければならないと誰もが口にします。こいつは1つのくだらないミスをいつまでもいつまでも根に持ち後をずるずるひきずるのです。そして気に入らない従業員を呼び出し辞めさせるように仕向けるのです。もうお前はこの会社に相応しくない人物だ、職を代えれ、出来ないのに出来るなんてカッコウつけた事ぬかすなや、お前は理想で仕事をしてんのか、休み休みとか言ってるけど俺が若い時は半年くらい休みなしで働いたんだぞ、甘えてないか、お前みたいな奴に給料払いたくないな、これは社長の言葉だと思えばいい、このようなパワハラを平気で言うのです。だから従業員が定着しないのです。負担は全て正社員にふりかかるのです。こいつの頭の中はどうなっているのか知りたくないけど知りたいです。従業員をこんな感じで煽っていくわけですから、半分おかしくなるのも無理はありません。先程の話に戻りますが、自殺未遂の件は親族が騒ぎ出し訴訟問題に発展したのです。こんな悪党を君臨させてる会社ですし、大したことは出来ないのは当たり前です。私も最近少しおかしくなりかけてきますが絶対に負けません。上部組織のNは昨年末、談合事件で摘発されました。この様に不正をおかして、のほほんとしている会社いや組織ですから、上も下も腐りきっているのは事実です。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。