「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > HRMホールディングス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

HRMホールディングス
取材日:2019年6月

写真大 大善建設屋上から撮影。道路を挟んだ奥にロード機工の第2工場を建設中

写真 大野末治CEO 写真 札幌市西区八軒に設置したグループ専用のガソリンスタンドは4月から稼働中

札幌市西区八軒に大型拠点。売上高100億円も射程圏内に

「HRMホールディイングス」は10を超える企業を擁する持株会社。2018年はグループの中核であり、道路維持管理の道内最大手「北海道ロードメンテナンス」が創立50周年を迎えた。
 今夏にはグループの新たな大型拠点が誕生する。札幌市西区八軒の4100坪に工場などを建設中。グループ企業のロード機工、ダイワ整備機工、大善建設、北海道ロード運輸などが活用する。
 ロード機工の第2工場は今夏に竣工する見込み。整備能力は倍増する。18年にスタートした特殊車両の新車販売も軌道に乗ってきた。提携する九州の企業が製造するもので「性能は大手メーカー品と遜色なく、価格は格段に安い。1000万円程度安くなる車両はザラにある」と大野末治CEO。
 ダイワ整備機工は塗装・板金工場を新設する。軽自動車から重機まで車種は問わない。全車種対応型の工場は札幌でも少なく、需要が見込める。
 また、敷地内には自家ガソリンスタンドを設置した。グループ全体での年間の軽油使用量は120万キロリットル以上。大幅にコスト縮減でき、イニシャルコストは3年で回収できるという。北見市の北海ロード敷地内にも同様のスタンドを設置予定だ。
 グループ全体の売上高は約77億円。ボールパーク需要が見込める広島建設、売上高10億円に達する勢いの北海ロード、北海道ロード運輸など伸び代のある企業も数多い。売上高100億円も視野に入ってきた。
「工法、技術に磨きをかけ、オンリーワン企業を目指す。社員は財産。利益を出し、社員に還元していく」と大野CEO。今春もグループ全体で昇給を実施し、福利厚生の充実を図った。

●代表取締役会長兼CEO/大野末治
●設立/2018年3月
●事業内容/グループ会社の経営企画、総務、人事、財務関連業務、資金の集中・分配関連業務、貸付業務、余剰資金運用

基本データ

企業名:
HRMホールディングス
住所:
札幌市中央区北1条東12丁目
TEL:
011・241・1692
企業総覧:業種別景況と企業動向2019