「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > FUJIジャパン

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

FUJIジャパン
取材日:2019年6月

写真 佐々木忠幸社長 写真 同社が外壁を施工した住宅 写真 FUJIジャパン本社 写真 ※単位/100万円(100万円未満は切り捨て)※売上高、営業利益、経常利益、当期純利益における%表示は、対前期増減率

関東エリアに積極出店。次期売上高は15億円超えを見込む

 商材製造から販売、施工、メンテナンスまで自社でおこなう外壁総合メーカー。2018年12月期の決算は、売上高13億2200万円(前年同期比7・0%増)、経常利益5400万円(同13・0%増)、当期純利益5000万円(同60・0%増)と増収増益。次期も増収増益を予想し、売上高は15億5500万円、経常利益も8100万円を見込んでいる。
 18年12月13日に札幌証券取引所の新興向け市場アンビシャスに新規上場。公募740円のところ、初値は904円。19年6月には2000円以上にまで高騰し、たびたび注目株に上げられている。
 同社の工法は貼り替えではなく、重ね貼り。既存の外壁の上から新たに外壁を貼ることで、断熱性や遮音性が向上する。また、築年数が浅いうちに施工することで、将来、修繕が必要となった際にかかるコストを抑えることにもつながる。
 道内の事業展開を基盤としながら本州への攻勢も強めている。仙台、横浜に次いで今年4月には千葉支店を開設。関東エリアの契約増加を図っている。今後は中部、北陸エリアへの新規出店を予定している。
 また、地域貢献活動として少年野球の大会を主催している。札幌市中央区の少年野球チームを対象にした「FUJIジャパン旗」は今年で9回目の開催。道内の各大会の上位チームを一堂に集める「King of Kings」は今年で4回目を迎える。

企業総覧:IR特集2019