「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 10年目を迎えたセコマの「野菜を食べようキャンペーン」

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2020年5月号
取材日:2020年3月

写真 「Secomaコスパ◎サラダ和風玉ネギドレッシング」

10年目を迎えたセコマの「野菜を食べようキャンペーン」

 セコマが4月26日まで、北海道との協働企画である「野菜を食べようキャンペーン」を実施中。今年で10年目、通算21回目となる。

 北海道が策定した「北海道健康増進計画『すこやか北海道21』」では、1日350グラム以上の野菜摂取を推奨している。しかし、およそ70グラム足りていないのが実情。この70グラムを同キャンペーンで補うのが狙いだ。

 同社では期間中に野菜、海藻、きのこ類を40グラム以上使用した商品を54アイテム販売。2019年の対象商品の年間販売数量は11年の約1・8倍に増加しており、これまでの累計販売数量は2000万個以上にのぼる。野菜摂取への取り組みは着実に成果を挙げている。