「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > TAIYO GROUP杯争奪少年野球大会で熱戦

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年11月号
取材日:2019年9月

写真大 開会式で挨拶する東原俊郎社長

写真 選手全員と中畑清さんの記念撮影 写真 中畑さんによる始球式

TAIYO GROUP杯争奪少年野球大会で熱戦

 第26回「TAIYO GROUP杯争奪全道少年軟式野球選抜大会」が、9月14・15日に札幌市北区西茨戸の太陽グループ少年野球場で開催。今年も熱戦が繰り広げられた。

 総合レジャー業の太陽グループ(本社・札幌市、東原俊郎社長)が特別協賛する「TAIYO GROUP杯争奪全道少年軟式野球選抜大会」は、今年で26回目を迎えた。
 開会式には、前横浜DeNAベイスターズ監督の中畑清さんがゲスト参加。始球式や選手らと記念撮影もおこなうなど、大会を大いに盛り上げた。
 東原俊郎社長は「今日は頑張ったご褒美に中畑さんをお呼びしました。みなさん、元気にプレーしてください」と開会を宣言。中畑さんは「ワンプレー、ワンプレーを精一杯、あきらめずにやりましょう」と子ども達にエールを送った。
 2日間にわたっておこなわれた大会は、全道14支部611チームの中から予選を勝ち抜いた16チーム、320人の少年・少女が参加して熱戦が繰り広げられ、後志支部代表の朝里ホーネッツが接戦を制して優勝を勝ち取った。