「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > JTが「プルーム・テック・プラス」のコンビニ販売を開始

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年8月号
取材日:2019年6月

写真大 太くなった「プルーム・テック・プラス」本体(写真左)。たばこカプセルは4種類あり、価格は500円

写真 全道各地で「体験販売会」を開催している

JTが「プルーム・テック・プラス」のコンビニ販売を開始

 低温加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」のコンビニ販売が6月17日にスタートした。予定より1カ月前倒しでの販売開始に〝低温加熱式ファン〟は喜んでいる。

 1月に新発売されたJTの「プルーム・テック・プラス」は「プルーム・テック」の特長である「健康懸念物質99%カット、におい1%未満、加熱時間0秒」はそのままに、吸いごたえを強化。市場から高い評価を獲得した。

 これまではオンラインもしくは専門店での限定販売だったが、6月17日からは全道の主要コンビニ約3000店舗で購入できるようになった。

 本体、充電器などがセットになったスターターキットは4980円。各たばこカプセルはレギュラー、メンソール各2種類あり、5カプセル入りで500円。

 同社では体験販売会で「プルーム・テック・プラスの気に入った点」についてアンケートを取っている。結果を見ると「プルーム・テックの利点はそのままに吸いごたえアップ」(44%)、「他の加熱式たばこと比較してにおいが気にならない」(18%)、「好きなタイミングで中断・再開できる」(9%)と続く。〝低温加熱式〟ならではのメリットをユーザーも感じ取っている。

 なお、「プルームショップ札幌店」(札幌市中央区北3西4日本生命札幌ビル1F)と「ムーブラウンジ札幌」(同南2西3ビームス札幌ビル2F)では試喫もおこなっている。特有のにおいが苦手で加熱式を断念したスモーカーはぜひ試喫を。