「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 7日間開催の「第1回新さっぽろ夏まつり」が大盛況

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年10月号
取材日:2019年8月

写真大 ステージではさまざまなイベントが開催された

写真 初イベントを大成功させた実行委員会のメンバー

7日間開催の「第1回新さっぽろ夏まつり」が大盛況

 札幌市厚別区内における夏の初イベント「第1回新さっぽろ夏まつり」が8月12日から18日まで、ふれあい広場あつべつで開催。天候にも恵まれ大盛況のうちに終了した。

〝厚別区の夏を盛り上げたい〟との思いから札幌市内の企業家らが実行委員会を設立。約半年間の議論を重ねて「第1回新さっぽろ夏まつり」が開催された。
 期間は8月12日から18日までの7日間。会場は厚別副都心地区にある青少年科学館前の「ふれあい広場あつべつ」。普段から厚別区民の交通の要所として多くの人でにぎわう場所での開催となった。
 会場ではフリーマーケットや露店、移動販売車などが出店。また、大型のステージでは、北海道出身の4人組ロックバンド・月光グリーンや札幌在住のシンガーソングライター・エビナマスジほか道産子アーティストが多数出演。そのほかにも、お笑いライブや大道芸、クイズ大会、サンバカーニバル、タヒチアン・ダンス、札幌市立共栄小学校スクールバンドの演奏など、さまざまなイベントを開催。多くの来場者が訪れた。
 まつりの実行委員長を務めた笹川強スカイネット社長は「今回はステージデザインの構成から会場設営、事前のビラ配りまで、すべて手づくりでおこないました。天候にも恵まれ、予想を上回る来場者がありました」と振り返る。今回の反省点も踏まえ、来年はよりバージョンアップして2回目を開催したいとしている。