「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 道コカ・コーラ×札幌市立大で「着物デザイン自販機」

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2018年12月号
取材日:2018年10月

写真大 小島慶子さん(左から1人目)を中心に札幌市立大学12人の学生でデザイン

道コカ・コーラ×札幌市立大で「着物デザイン自販機」

 北海道コカ・コーラボトリング(本社・札幌市、佐々木康行社長)は、札幌市立大学と協働で「着物デザイン自動販売機」を開発。第1号機を定山渓物産館中央店に設置した。
 デザインを考案したのは札幌市立大学の学生たち。「日本らしさ、北海道らしさを感じる〝和〟をテーマにしました。自動販売機では珍しいグラデーションカラー、筆文字も取り入れました」と小島慶子さん。
 北海道コカ・コーラボトリングの武藤雅人部長は「インバウンド需要の活性化、北海道胆振東部地震後の北海道経済復興の一助になれば」と期待を寄せる。