「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 谷脇歯科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

谷脇歯科クリニック
取材日:2019年2月

写真大 谷脇 明宏 院長 たにわき・あきひろ/1984年北海道大学歯学部卒業。同年日之出歯科診療所勤務。2005年院長就任。14年3月谷脇歯科クリニック開院。日本歯科麻酔学会認定医。歯科医師臨床研修指導医。歯学博士。

写真 大野ゆき子歯科医師 写真 歯科用3D‐CTを完備 写真 増え続ける患者に対応するため待合室を拡張。より快適な空間に 写真 歯科衛生士などスタッフのレベルも高い

〝広く深い〟知識と技術で患者の要望に最大限応える

 3月で開院5周年。患者数は右肩上がりで増え、遠方からの来院も多い。多忙を極めるが「治療が流れ作業になれば患者の気持ちに添うことができない。丁寧に説明をおこない、不安を払拭することを心がけています」と谷脇明宏院長。
 インフォームドコンセントの根拠となる各種検査の精度向上を図り、歯科用3D―CTや位相差顕微鏡なども駆使している。
 患者に真摯に向き合うスタイルは、勤務医時代に確立されたといっていいだろう。道内屈指の患者数を誇る歯科医院で約30年間、絶え間なく訪れる膨大な数の患者を診てきた。だからこそ患者心理を理解している。麻酔認定医の資格を有しているのも、可能な限り痛みを緩和した治療を提供したいという現れだ。
 ドクターの腕と経験値は比例するため、その技術も確か。虫歯や歯周病、インプラント、義歯、ホワイトニング、審美まで幅広く対応している。〝広く深い〟知識と技術を有する谷脇院長には、専門分野や得意分野といった概念はない。
 偏らない診療スタイルは、患者にとってのメリットも大きい。例えば歯の欠損では義歯、インプラントの双方を検討する。予算や手術への恐怖心の有無、歯周病の有無、骨の状態などを加味しながらオーダーメードの治療計画を立てていく。コンフォートデンチャーやスマイルデンチャーなど、高性能義歯も多数取り扱っており、手術に踏み切れない患者からも好評だ。
「症状やライフスタイル、経済状況は患者ごとに異なり、本当の意味での最善の治療を導き出すことが必要。また、歯を削りたくない、残したいという声も多数寄せられる。そうした要望にも最大限応えたい」
 昨年4月からは、20年のキャリアを持つ大野ゆき子歯科医師が加わり、診療体制を強化。歯科衛生士らと連携し、歯周病治療や予防歯科にいっそう力を入れていく方針だ。 

基本データ

企業名:
医療法人社団宏仁会 谷脇歯科クリニック
住所:
札幌市中央区大通西5丁目昭和ビル8階
TEL:
011・213・1184
URL:
http://www.taniwaki-dental.com/