「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 誠和工業

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

誠和工業
取材日:2019年6月

写真大 南国のカフェのようなオフィスに一新

写真 文入圭輔社長 写真 元請けとして完成させた保育園 写真 ゲームスポンサーとなった札幌ドームでの一戦

ホールディングス化に向けて社内改革を推進

 とび、土工工事業者として2006年に設立。現在は建設、土木工事一式を手がけるが、近年は元請け案件が増加。成長を加速させている。
 7月1日には札幌・新札幌地区に医療施設が完成したほか、8月には保育園の引渡しが控える。また、北海道マツダ販売の社員寮の新築工事も決定。11月下旬の完成を予定している。
 施工品質の高さはもとより、工事における〝人員導入力〟も依頼が舞い込むポイント。協力会社を含めて100人体制のチームを形成し、柔軟かつ迅速な対応を実践している。
 ミャンマー連邦共和国に設立した仮設足場施工の「ミャンマー誠和工業シンセリティー」は3年目を迎えた。現地採用した人材は、企業内転勤ビザを取得させ、労働力の流動化を計画している。来日した際には、スキルアップ研修も実施予定。ミャンマーでの事業にも生かす。7月にはオフィスを拡大移転させるなど、人員も順調に増えている。 
 また、18年に設立した運送会社「G・S・K」も軌道に乗り始めた。今冬からは引越し業にも参入する。
 ホールディングス化に向けて、外部の専門家に協力を依頼し、社内整備と組織改革も進めている。
「幹部のマネジメント力向上を図っています。組織拡大のポイントは彼らの成長が最も重要です」と文入圭輔社長。これは人材の確保・拡充に向けての施策でもあり、社内の受け入れ体制の整備も兼ねている。
 建設業が抱える3Kの払拭にも積極的に取り組む。今年はオフィスのリニューアルを実施したほか、北海道日本ハムファイターズのゲームスポンサーにも名乗りを上げた。若者の〝建設離れ〟を食い止めるべく、さまざまな取り組みをおこなっていく。

●代表取締役/文入圭輔
●設立/2006年10月
●事業内容/建築一式工事業、土木一式工事業、とび・土工工事業、舗装工事業、解体工事業

基本データ

企業名:
誠和工業
住所:
札幌市白石区菊水元町2条3丁目3-21
TEL:
011・879・5111
URL:
http://www.seiwa-k.biz/
企業総覧:業種別景況と企業動向2019