「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 西野学園

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

西野学園
取材日:2018年6月

写真大 西野桜幼稚園の広々とした園庭

写真 学習発表会は協調性や達成感を得る絶好の機会 写真 札幌医学技術福祉歯科専門学校

伝統を重んじ、時代の潮流にも対応。質の高い幼児教育を実践

 西野学園は1965年に開園した「西野桜幼稚園」がスタート。現在では「札幌医学技術福祉歯科専門学校」(札幌市中央区)など医療・介護系に特化した4つの専門学校と、2つの幼稚園を運営している。
 少子高齢化が急速に進むわが国では幼児教育のあり方が改めて問われている。同学園のルーツである「西野桜幼稚園」をはじめ「西野第2桜幼稚園」では、開園から現在に至るまで、質の高い教育を追求。毎年入園希望者が増加し、両園ともキャンセル待ちの状態が続いている。
 選ばれる理由の1つは、30年以上前から取り入れている教育メソッド「モンテッソーリ教育」にある。この教育法は、イタリア初の女性医師マリア・モンテッソーリが考案したもの。アマゾンやグーグルの創立者をはじめ、藤井聡太棋士もこの教育を受けたといわれ「天才育成教育法」として注目を集めている。
 同学園では子どもの〝やりたい〟気持ちに寄り添う「自由選択活動」と、集団生活に必要な協調性などを育てる「一斉活動」を実践。さまざまな活動を通して園児の主体性や多様性、協動性を育てることに重点を置いている。
 入園希望者の増加を受け、受け入れ体制の拡充を計画。新園舎建設も構想している。
「開園から53年、卒園児は2園合わせて1万3000人以上にのぼります。創設の理念や伝統を重んじながら、例えば発達障がいを持つ子どもへのアプローチ技術の習得など、時代に応じたさまざまな教育スキルを磨いていきます」と前鼻英蔵理事長。
 より質の高い教育を提供するため、幼稚園教諭のレベルアップにも余念がない。外部研修や内部勉強会などを定期で開催する熱の入れようだ。
 また、幼稚園教諭をはじめとするスタッフの待遇改善にも着手。教育スキルの向上と同様、従業員満足がよりよい教育につながると考え、今後も待遇の底上げを図っていく方針だ。採用にも力を入れる。正職員をはじめOGの再雇用や時短勤務なども取り入れながら、マンパワーの拡充を進めている。

●理事長/前鼻英蔵
●設立/1965年4月
●事業内容/専門学校、幼稚園、学童保育所の運営

基本データ

企業名:
西野学園
住所:
札幌市中央区北4条西19丁目1-3
TEL:
011・616・2234
URL:
http://www.nishino-g.ac.jp/
企業総覧:業種別景況と企業動向2018