「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 笹久保建業

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

笹久保建業
取材日:2019年6月

写真大 収納式掘りごたつがある畳の小上がり

写真 笹久保義隆社長 写真 6月に竣工した新築の外観 写真 内装 写真 手際よく作業する大工棟梁の瓜田英雄氏

少数精鋭の職人集団。直営施工で高い評価を獲得

 地域に密着した建築会社として、2006年に創業。新築や一般住宅の総合リフォームを柱に、美容室や飲食店など商業店舗の増改築、公共施設の修繕工事など幅広く手掛けてきた。
 コンセプトは「住みやすく、長く暮らせる家づくり」。
 屋根や外壁、内装、電気設備はもちろん、一般的にはわかりにくい建物の経年劣化にも配慮し、その原因究明から補修方法まで丁寧に説明する。住まいの性能を高める断熱、気密工事や水回りの設備などでも〝長持ち〟を重視。予算に応じた最善のプランを提案している。
 少数精鋭かつ直営施工にこだわり続けてきた。およそ半世紀にわたり大工として建築に携わってきた笹久保義隆社長を筆頭に、見積もりから施工、アフターサービスまで一貫しておこなっている。顧客に寄り添った対応が信頼の獲得につながり、口コミや紹介、リピートが多いのが特徴だ。
 それを象徴する施工の一例が施主が住みながらおこなう札幌市手稲区のマンションフルリフォームだ。この在宅リフォームの施工内容は壁や床などの内装工事、収納スペース増築、水回り設備を一新。また、リビングの一角に畳の小上がりを設け、収納式掘りごたつの製作も手がけた。在宅であることから生活の負担を最小限に抑えるため、工期スケジュールを綿密に調整。短い工期で完成させ、施主の希望を最大限にかなえたと高く評価された。
「現場では施工品質の向上はもちろん、お客さまとの信頼関係を大切にしています」と大工棟梁の瓜田英雄氏。笹久保社長は「次世代への技術の伝承を目指し、組織体制の強化にも注力していく」と意気込みを語る。

●代表取締役社長/笹久保義隆
●設立/2006年8月
●事業内容/住宅建築販売、リフォーム・リノベーション事業

基本データ

企業名:
笹久保建業
住所:
札幌市白石区平和通9丁目北14-29
TEL:
011・865・0913
企業総覧:業種別景況と企業動向2019