「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 第36回全国販売店研修会 愛食者60万人めざして拡げるゲンキの輪〈玄米酵素〉

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年7月号
取材日:2019年5月

写真大 全国各地から研修に集まった

写真 「理念の松明をつないでいこう」と訴える鹿内正孝社長 写真 道見重信コーケン社長が玄米酵素の未来の姿を提示した 写真 特別講演は和紙デザイナーの堀木エリ子氏が登壇 熱心に研修に取り組む参加者たち

第36回全国販売店研修会 愛食者60万人めざして拡げるゲンキの輪〈玄米酵素〉

 玄米酵素(本社・札幌市、鹿内正孝社長)が第36回「全国販売店研修会」を6月2〜4日に開催。新しく販売店となった400人を含む840人が参集し今年も大盛況となった。

玄米酵素グループの未来の姿も提示

「全国販売店研修会」の開催は今回で36回目。この研修会は「食改善で真の健康をお届けする」という理念の共有を目的にしている。 

 毎回、さまざまなジャンルの著名人や医学会の権威、研究者を講師に招聘して講演やシンポジウムなどをおこなうほか、製造工場見学や懇親会などで販売店相互の絆を深めている。

 今年のテーマは「3つの共有 感動の共有 目標の共有 使命の共有」。新たに販売店となった約400人を含む770人のほか、関連会社の社員を含め840人が一堂に会した。

 初日の6月2日には、当別町の工場見学ツアーを実施し、来道した初参加者ら約400人が参加。その後は、札幌市内のホテルで歓迎夕食会が開かれ親睦を深めた。

 2日目は、玄米酵素相談役の道見重信コーケン社長による講演で研修会がスタート。「玄米酵素の精神とは〜玄米酵素人の使命と未来〜」と題し、草創期の玄米酵素の経緯などを紹介。創業者である故岩崎輝明氏が玄米酵素の開発者、岡田悦次氏と出会い、1971年10月から本格的に普及を始めたころに辿って回顧した。

 また、宿願である愛食者60万人の達成について「日本人の生涯医療費は約2720万円といわれる。このうち人口の0・5%にあたる60万人が食生活を改善し、医療費を半減できれば、8兆1000億円が削減できる。われわれの仕事は国を救う仕事です」と熱く語った。

 さらに2年後の創業50周年に向けて「農業から医療まで健康トータルサービスの提供」という玄米酵素グループの未来の姿を提示。具体的には農産物、農産加工物の提供やエコロクッキングスクールの全国展開と法人化。基幹病院、クリニックの全国ネットワーク構築、健康サロンの展開(当面2000店、目標2万店)など、理念の実践に向けた目標が掲げられた。

 続く特別講演では、和紙デザイナーで堀木エリ子&アソシエイツ社長の堀木エリ子氏が「建築空間に生きる和紙造形の創造」をテーマに登壇。「目的意識など腹の底から湧き出てくるパッションがあるからこそ、ご縁が広がっていく。できない理由を探すのではなく、できる前提で物事にチャレンジする」という自身の信条を経験を交えて熱弁。会場を沸かせた。

 この後、小林博北海道大学名誉教授を座長に「FBRA医学シンポジウム」を開催。森秀樹岐阜大学名誉教授、岡田太鳥取大学教授、コーケンの根本英幸医学博士の3人をパネリストに、FBRA(玄米発酵食品)の最新情報について意見が交わされた。

医師による医療特約店が83人に増加

 研修会最終日の4日は、代理店による体験談の発表の後に、鹿内正孝社長が登場。「出逢いの玄米酵素」と題した謝辞・講話をおこなった。

 鹿内社長は「教育者として多くの本を残した東井義雄の言葉に〝本物は続く。続くから本物になる〟というものがあります。当社は今年で創業48年目。これまで続けてこられたのは、やはり玄米酵素が本物だという証左です。近年では医師の立場から玄米酵素を普及する医療特約店も年々増え、現在は83人になっている。10年前には一人もいなかったことを考えると、われわれと医療の現場の垣根は低くなりつつある」と現状を語った。

 また、司馬遼太郎が子どもに向けて執筆した「二十一世紀に生きる君たちへ (併載:洪庵のたいまつ)」を引用。同著は司馬が日本の行く末を憂い、87年と89年に小学校5・6年生の国語教科書のために書いた作品。松明(たいまつ)の火を題材に、21世紀に生きる子どもたちに語りかける内容だ。

 鹿内社長は「この本には、赤々と燃える松明の火を次代を担う子どもたちに引き継ぐことが今を生きる者の使命だと書かれている。私も1980年に創業者である岩崎前社長と出会い、真っ赤に燃える松明を受け取った。みなさんとともに、この火をさらに多くの人に渡していきたい。食改善で真の健康をお届けするという、われわれの理念達成に向け、今後も精進していきましょう」と結束を呼びかけた。この閉会の挨拶で3日間にわたった「全国販売店研修会」は大盛況のうちに閉幕した。