「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 石屋製菓

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

石屋製菓
取材日:2019年9月

写真大 関西エリアに初出店した「ISHIYA SHINSAIBASHI」

写真 石水創社長 写真 吉本興業とのコラボ商品「ラフ&スイーツゆきどけ」 写真 生まれ変わった「白い恋人パーク」

関西圏に初進出。ファンド事業も立ち上げ

 北海道を代表する菓子メーカー石屋製菓。首都圏にも直営店を構えるなど〝ISHIYA〟の名を全国に発信している。
 9月20日には、道外3つ目の直営店で、関西初出店となる「ISHIYA SHINSAIBASHI」を大阪市中央区にオープン。これを記念し、大阪を拠点に〝笑い〟を提供している吉本興業とのコラボレーション商品「ラフ&スイーツゆきどけ」を同店限定で発売し、話題を集めている。
 また、9月27日には道外初の直営カフェ「ISHIYA NIHONBASHI」を、東京都中央区日本橋にあるCOREDO室町テラスにオープン。コンセプトは〝東京日本橋にいながらも北海道を感じられるカフェ〟で、道産の純米大吟醸をパフェにかけて食べる「パフェ 日本酒」を提供するなど、独自の創作スイーツも次々に開発。土産菓子だけにとどまらず、新市場開拓を着実に進めている。
 5月には、約10億円を投じて投資ファンド「ISHIYAクリエイティブス」を立ち上げた。9月26日には印刷業のエール(本社・札幌市)の全株式を取得。エール社の販促物制作のノウハウを商品企画に活用するなどの効果を狙った。これを皮切りに、観光や食に関連する企業をはじめ、事業承継に苦慮する企業などへの出資を加速させる方針で、同ファンドを通じて道内経済の活性化を図る。
 2017年には農業分野に参入しており、18年に「北海道150年ファーム」を設立。現在、札幌市東区の「アド・ワン・ファーム丘珠農場」で道内初となるバニラ栽培に挑戦中だ。すでに2度の越冬に成功するなど生育は順調。21年の製品化を目指している。 
 観光名所として道内外からの来場者が後を絶たない「白い恋人パーク」は、7月にリニューアル工事が完了。〝観て・知って・味わって・体験できるチョコレートエンターテインメント施設〟に生まれ変わり、来場者を楽しませている。

基本データ

企業名:
石屋製菓
住所:
札幌市西区宮の沢2条2丁目11‐36
TEL:
011・666・1483
URL:
http://www.ishiya.co.jp/
企業特集:道内企業の次なる戦略