「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 石屋製菓

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

石屋製菓
取材日:2019年3月

写真大 リニューアル後の「白い恋人パーク」には、チョコレートの歴史やトリビアをめぐる体験型コンテンツが新たに誕生する

写真 石水創社長 写真 写真 売店エリアも一新される

3店目の道外常設店舗開店。「サク ラング・ド・シャ」の新味も登場

「白い恋人」でおなじみの石屋製菓。土産菓子だけにとどまらず、ワンランク上の菓子づくりに挑戦し、道外への出店を進めている。
 2017年に東京・銀座へ「ISHIYA GINZA」を、18年に成田国際空港第1旅客ターミナル中央ビル3階出国審査後エリアへ「ISHIYA GINZA FaSoLa STARS TAX FREE」をオープン。19年4月2日には「ISHIYA SHINJUKU」を京王百貨店新宿店(東京都・新宿区)にオープンさせた。これで道外の直営常設店舗は3店目。競合ひしめく首都圏においても、存在感を示している。
 4月1日からは「ISHIYA GINZA」の期間限定ショップとして、羽田空港第1旅客ターミナル2階羽田スタースイーツに出店。6月30日まで16商品の販売をおこなう予定だ。
 こうした出店攻勢は「ISHIYA」ブランドのブラッシュアップを図っているからこそ。土産菓子市場とは異なる市場開拓が、自社の成長ファクターととらえている。
 当然、新商品の開発にも力を入れている。4月1日には「Saqu LANGUE DE CHAT(サク ラング・ド・シャ)メープル」を新たに発売した。
「ISHIYA GINZA」の看板商品でもある「サク 」シリーズの新味で、メープルの豊かな味わいが特徴。チョコレートとラング・ド・シャの両方にメープルシュガーを使用することで、深い味わいを感じられる逸品に仕上げた。
 期間限定販売で、道外直営店3店舗のほか、羽田空港内の期間限定ショップでも購入できる。価格は、12枚入りで1296円(税込)となっている。
 また、現在リニューアル中の「白い恋人パーク」のグランドオープンが、7月12日に決定。リニューアルのテーマは「観て・知って・味わって・体験できるチョコレートエンターテインメント施設」。チョコレートの歴史などが学べる新たな体験型コンテンツが誕生するほか、白い恋人やバウムクーヘンの製造工程も見学可能になる。

基本データ

企業名:
石屋製菓
住所:
札幌市西区宮の沢2条2丁目
TEL:
011・666・1483
URL:
http://www.ishiya.co.jp/
企業特集:道内企業のロードマップ