「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 生活協同組合 コープさっぽろ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活協同組合 コープさっぽろ
取材日:2019年6月

写真大 ほぼ同じ時間、曜日に商品を届ける「トドック」の特性を利用した高齢者見守り活動

写真 大見英明理事長 写真 記念植樹には大人から子どもまで幅広い世代が参加 写真 豊かな自然そのものがごちそうになる 「畑でレストラン」

組合員は5万人増え176万人。社会貢献活動も加速

 コープさっぽろの2019年3月期決算は、企業の売上高に相当する事業高が2834億3516万円。経常利益に相当する経営剰余金は35億円。人手不足による人件費の積み増しが利益を圧迫し、増収減益となった。
 生命線である組合員数は18年度末で176万2681人。前年度対比で5万3681人増やした。
 社会貢献活動では、宅配システム「トドック」を活用した高齢者見守り協定がほぼ道内全域まで拡大。道内179市町村のうち174市町村と締結している。
 また、08年から取り組んできた植樹は間もなく1万本に達する見込み。これはレジ袋を辞退した組合員1人につき0・5円を積み立て、北海道の森づくりにあてるもの。5、6月には道内各地にある「コープの森」で記念植樹を実施した。
 環境保全だけではなく、環境教育にも取り組んでいる。リサイクル施設「コープさっぽろエコセンター」は、組合員の家庭から回収した資源物の中間加工をおこなうと同時に、見学もできる施設。18年は施設内に同生協の環境への取り組みを展示する「トドックエコステーションあすもり資料室」をオープンさせた。 
 店舗事業で話題になったのは毎週木曜日の「シニアコープデー」。対象年齢を5歳引き下げ、55歳以上の組合員まで5%オフで買い物ができるようになった。50代の組合員から多かった要望に応える形でスタートしたものだ。
 目玉イベントも豊富に予定している、中でも注目は「畑でレストラン」の復活だ。地産地消にこだわる有名シェフが畑の中に1日限りの〝幻のレストラン〟をオープンするもの。18年度はキッチンカーのリニューアルのため開催されず、多くの組合員が再開を喜んでいる。

●理事長/大見英明
●創立/1965年7月
●事業内容/小売、宅配、共済事業

基本データ

企業名:
生活協同組合 コープさっぽろ
住所:
札幌市西区発寒11条5丁目10番1号
TEL:
011・671・5601
URL:
https://www.sapporo.coop
企業総覧:業種別景況と企業動向2019