「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 滋慶学園

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

滋慶学園
取材日:2019年5月

写真大 開校から31年を迎えた「北海道ハイテクノロジー専門学校」

写真 道内初のドローン専攻コースを設ける 写真 レバンガ北海道と教育提携 写真 恵庭市と連携したペットマナー教室を開催

就職後を見据えた教育を実践し、離職を抑制

 北海道から九州まで、70もの専門学校を展開する滋慶学園グループ。1988年に開校した「北海道ハイテクノロジー専門学校」(恵庭市恵み野北2丁目)が滋慶グループの道内1校目。現在、恵庭市では同校併設の「北海道メディカル・スポーツ専門学校」と「北海道エコ・動物自然専門学校」(恵庭市恵み野西5丁目)を運営するほか、札幌市内に5つの姉妹校を構える。
「北海道ハイテクノロジー専門学校」では、ITメディア学科や救急救命士学科、看護学科など9つの学科を開設。中でも人気を集めているのがITメディア学科だ。AIやeスポーツ、ドローンなどの専攻コースを設け、最先端の技術を学ぶことができる。
 同学科の存在は、他科の学生にとってのメリットも大きい。例えば医療の現場でもIT化は急速に進んでおり、同学科と医療系学科が連携した実習カリキュラムを設けることで、より現場に近い環境で学ぶことができる。
 スポーツトレーナーや柔道整復師などを養成する「北海道メディカル・スポーツ専門学校」の教育も実践的。レバンガ北海道など複数のスポーツチームと提携し、アスリートのサポートを体験させている。
 また「北海道エコ・動物専門学校」の学内には、約150種もの動物を飼育する「エコ動物園」を有し、日常的に動物と触れあえる環境を整備。恵庭市や地域住民協力のもと、トリミング実習や犬のしつけ教室なども開催するなど、実際の業務に近い環境を用意している。
〝現場感覚〟の追求は、就職後を見据えるからこそ。専門学校として即戦力の養成はもとより、資格取得率、就職率の向上に努める一方で、離職率の抑制も重要なミッションとしてとらえている。
 その一環として力を入れているのが学生の「プレゼンテーション能力」と「自己肯定感」の向上だ。どの職種でも自分の考えを伝える能力は必須であり、自信を持って発した言葉は相手に伝わりやすい。
 そこで成果発表や実習などの機会を増やし、学生個々のステージに応じた成功体験を蓄積させている。こうした取り組みにより〝人間力〟を兼ね備えた人材の養成を実現。昨年度、3校の卒業生における1年以内の離職率は、7%に抑えることに成功している。

基本データ

企業名:
学校法人 滋慶学園
住所:
恵庭市恵み野北2丁目12‐1
TEL:
0123・36・8119
URL:
https://www.hht.ac.jp/
教育:専門学校