「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 桑園整形外科-膝

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

桑園整形外科-膝
取材日:2019年1月

写真大 東 裕隆理事長・院長 あずま・ひろたか/1992年北海道大学医学部卒業後、市立札幌病院救急部勤務。93年北大医学部整形外科入局。2000年カルガリー大学(カナダ)留学。03年市立札幌病院整形外科副医長を経て、07年開院。11年医療法人社団くわのみ会を設立し理事長・院長に就任。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

写真 傷口が5~8センチと小さく、傷痕が目立たない 写真 笑顔を交えながら患者の話を聞くのが東理事長の診療姿勢

人工膝関節置換術の名手は保存治療にも定評あり

 加齢とともに膝の痛みを訴える人は増える。こうした膝の痛みの約8割は「変形性膝関節症」という疾患によるもの。クッションの役割を果たす膝関節の軟骨がすり減り、ひざに痛みが起こるものだ。
 この変形性膝関節症治療に定評があるのが「桑園整形外科」の東裕隆理事長。
 2018年だけでも変形した膝関節の表面を取り除いて人工関節に置き換える「人工膝関節置換術」を232例も実施した。1人の医師だけで年間にこれだけの手術を執刀するのは驚異的だ。
 しかも東理事長は、最少侵襲手術である「MIS」という術式で手術するため、患者の身体的負担が大幅に軽減される。小さく切開し、筋肉を切らずに温存する術式だが、東理事長はさらに進化させ、従来の3分の1程度の5~8センチの切開だけで完了させる。傷痕が小さいため見た目も良く、靱帯などの健康な筋組織への影響も最小限。入院期間も短く、最長でも2週間程度だ。
 また、東理事長なら抜糸も不要。これも患者にとってはうれしい。
 こうした優れた技術は全国的にも知られており、同院は全国に2カ所しかない「医師のための人工膝関節研修施設」にも指定されている。
「手術をするだけではなくリハビリまですべて診たいというのが私の考え。そのため、現在は道内在住の患者さんのみ手術をおこなっています。高いレベルで手術をできる医師が増えれば、助かる患者さんも増える」と日本整形外科学会認定整形外科専門医でもある東理事長は、その技術を惜しみなく、全国各地から訪れる整形外科医へ伝承している。
 このように書くと手術専門の医師に見えるが、実は東理事長が優先するのは保存治療だ。
「高齢者に多い病気でもありますし、手術をせずに日常生活を送れるのならば、可能な限り手術は避けたい。リハビリによる筋力訓練、湿布などの消炎鎮痛剤、ヒアルロン酸注射、日常動作の指導・改善などで痛みが緩和し、快適に過ごしている患者もたくさんいます」と東理事長。
 ヒアルロン酸の注射数も道内トップクラス。手術でも保存治療でも安心して任せられる医師だ。

基本データ

企業名:
医療法人社団くわのみ会 桑園整形外科
住所:
札幌市中央区北8条西16丁目28‐30
TEL:
011・633・3636
URL:
http://www.dr-azuma.net