「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 桑園オリーブ皮膚科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

桑園オリーブ皮膚科クリニック
取材日:2019年7月

写真大 米田 明弘理事長・院長 よねた・あきひろ/1997年札幌医科大学医学部卒業。2002年同大大学院修了。米国Wistar研究所、札医大皮膚科外来医長、病棟医長、講師を経て、14年4月開院。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

写真 自動精算機を完備。待ち時間を軽減

デュピルマブ配合の新薬でアトピーが改善する

 遺伝子組み換え抗体「デュピルマブ」が配合されたアトピー性皮膚炎の新薬を、道内でいち早く取り入れた米田明弘院長。発売から1年が経過した現在も、新薬を求めて続々と患者が訪れている。
「当院で新薬を投与している患者の経過は良好です。副作用もほとんど認められていません。これまでステロイド治療で効果が出ていない人や中度以降の症状の人に試してもらいたい」と米田院長は語る。
 新薬は2週間ごとに皮下注射で投与。皮膚内部の炎症をピンポイントで抑えられる。さらには細胞の活性化も促進され、症状の劇的な改善が期待できる。特にアトピー患者の悩みの種である皮膚の「かゆみ」や「赤み」「かたさ」に速効性があるという。
 健康保険が適用され、3割負担なら月5万円ほど。米田院長は「今秋からは患者さん自身で投与する自己注射を開始する予定です」と患者の負担を軽減させる方針。3カ月分の薬剤を一度に処方し、高額療養費制度を利用する。収入によって限度額は異なるが、医療費を大幅に抑えられる。通院回数も1カ月に1回程度に減らせる。

基本データ

企業名:
医療法人社団エステル 桑園オリーブ皮膚科クリニック
住所:
札幌市中央区北11条西15丁目2‐1 サンエーアインビル3階
TEL:
011・708・3927
URL:
https://www.soen-olive.com/