「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 桑園オリーブ皮膚科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

桑園オリーブ皮膚科クリニック
取材日:2019年1月

写真大 米田 明弘理事長・院長 よねた・あきひろ/1997年札幌医科大学医学部卒業。2002年同大大学院修了。米国Wistar研究所、札医大皮膚科外来医長、病棟医長、講師を経て、14年4月開院。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

写真 リラックスできる待合室

新薬「デュピクセント」を求めてアトピー患者が数多く来院

 アトピー性皮膚炎に対する従来の治療法は、ステロイド外用薬が一般的だった。そんな中、厚生労働省より承認された新薬「デュピクセント」が注目を集めている。道内でいち早く取り入れたのが米田明弘理事長だ。
「誕生から10カ月がたちましたが、道内での取り扱いはまだ数軒にとどまり、新薬の情報を聞きつけて10~50代まで幅広い患者が来院しています」
 デュピクセントは2週間ごとに皮下注射で投与。皮膚内部に起きている炎症をピンポイントで抑えることで症状を劇的に改善する。特にかゆみや赤みの軽減に速効性があり、同院における投与患者の経過は極めて良好だ。副作用は少なく重症の患者でも効果が出ているという。
 治療は保険が適用され、3割負担なら月5万円ほど。4カ月間の投与を目安に症状の改善がある程度認められれば、投与の間隔を延ばせるケースが多い。これまでの治療で寛解していない人は試す価値は大いにある。

基本データ

企業名:
医療法人社団エステル 桑園オリーブ皮膚科クリニック
住所:
札幌市中央区北11条西15丁目2‐1 サンエーアインビル3階
TEL:
011・708・3927
URL:
http://www.soen-olive.com/