「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 桂和商事

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

桂和商事
取材日:2019年3月

写真大 本社でおこなわれた2019年度入社式

写真 本社がある「第5桂和ビル」 写真 昨年の桂和感謝祭。毎年7月に実施している

地域の総合不動産業者として札幌市の街づくりに寄り添う

 札幌市内に45棟の物件と11カ所の駐車場を所有する「桂和商事」は、自社物件の賃貸・管理を中核とする不動産賃貸業を展開。昨年12月で設立55周年を迎えた。
 昨年からはグループ会社で宅地建物取引業免許を取得し、不動産売買仲介業にも進出。長い歴史の中で培ったノウハウと人材力を武器に、新たな事業の展開も計画しており、地域の総合不動産業者として着実に成長・発展を遂げている。
「何よりも大切なことは、札幌市の街づくりに徹底的に寄り添う姿勢です」と武賢樹社長が語る通り、同社は札幌駅前通りや大通等の市内中心部に複数のビルを所有。街づくりへの影響力と責任の大きさを痛感している。老朽化したビルの再開発にあたっては、街のにぎわいを創造するなど、今後も公共貢献性を意識した設計を検討していく考えだ。
「当社の事業は主に入居者からいただく家賃で成り立っています。常に入居者を向いて商売をするよう心掛けています」(武社長)との言葉通り、所有物件のメンテナンスや入居者へのアフターフォローにも尽力。築年数がたったテナントビルのトイレを全面改修してホテル並みのグレードにするなど、設備投資を積極的におこなっている。また、テナントに定期的に訪問。入居者ニーズの把握にも努めている。
 新卒者に求めているのは、常に斬新な視点を持って自ら行動し、新たなサービスを拓いていく人物。単なる不動産賃貸業としてではなく、「付加価値を最大限に高めて入居者から選ばれ続けるために何をすべきか」を真剣に話し合える関係を望んでおり、若い社員の意見を柔軟に積極的に取り入れている。
 社員には宅地建物取引士などの関係資格取得も励行しており、資格取得時の報奨金や手当も手厚い。自らを高めていくバックアップ体制は万全だ。
「不動産に関する知識は幅が広く、習得は一筋縄ではいかないが、一から丁寧に指導する体制を整えているので、安心して入社してほしい。ともに札幌の地を盛り上げていく気概のある仲間をお待ちしています」と武社長は熱いエールを送る。

基本データ

企業名:
桂和商事
住所:
札幌市中央区南5条西6丁目 第5桂和ビル7階
TEL:
011・511・8101
URL:
http://www.keiwabld.co.jp/
企業特集:地場企業で働く意義