「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 東札幌三輪デンタルクリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

東札幌三輪デンタルクリニック
取材日:2019年9月

写真大 三輪 智之 理事長・院長 みわ・ともゆき/2006年九州歯科大学を卒業後、愛媛県、千葉県などの歯科医院勤務を経て、10年に石川歯科医院野幌インプラントセンター副院長に就任。14年に東札幌三輪デンタルクリニック開業。

写真 マイクロスコープ完備の個室治療スペース

極力削らない治療技術で歯を美しく残す

「自分が受けたい治療を患者さんにも」をポリシーとする三輪智之院長。可能な限り歯を残す治療に力を注いでいる。
 例えば、虫歯治療では極力歯を削らない「ミニマル・インターベーション」を導入している。
 従来手法である、いわゆる「銀歯」などのかぶせ物は広い接着面が必要なため健康な歯も削っていた。しかし、三輪院長が削るのは虫歯の部分のみ。症状や治療カ所によってはマイクロスコープを使用し、患部を拡大することで精度を高めている。削った患部には高い強度の接着剤と歯の色合いに近い詰め物「コンポジットレジン」を使用。処置後の自然な仕上がりが好評だ。
 こうした緻密な治療に欠かせないのが高い技術力。三輪院長は技術向上のため、現在でも数多くの学会や研修に参加しており、新しい治療法の習得にも余念がない。
 日々の研鑽によって、よりきれいな口元を目指すセラミック治療にも精通。周囲の歯と調和した精度の高い治療に定評がある。患者のニーズにあわせて多角的なアプローチができるのも同院の特徴だ。
「技術力の向上によって患者さんの最高の笑顔を取り戻したい」と語る三輪院長。

基本データ

企業名:
医療法人 東札幌三輪デンタルクリニック
住所:
札幌市白石区東札幌3条1丁目 ラソラ札幌Btown2
TEL:
011・811・4618
URL:
https://www.miwadental.jp/