「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 村上・久保法律事務所

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

村上・久保法律事務所
取材日:2018年10月

写真 村上 英治 むらかみ・えいじ/1993年北海道大学法学部卒業。98年に弁護士登録。2001年村上英治法律事務所開設。17年村上・久保法律事務所に組織変更。元札幌弁護士会副会長。現在、札幌弁護士会の倒産法委員会等に所属。 写真 久保 実穂子 くぼ・みほこ/2004年北海道大学法学部卒業後、広島大学法科大学院法務研究科卒業。13年弁護士登録し、村上英治法律事務所入所。札幌弁護士会犯罪被害者支援委員会、法教育委員会所属。

かつての〝当たり前〟は危険。予防が重要

 権利意識が高まり、パワハラ・モラハラ問題は他人事ではなくなった。どの企業でも起こりうる。
 村上英治弁護士は「かつて当たり前だった指導・教育・コミュニケーション等
の方法を、そのまま今もおこなうことは危険。問題が起きれば損害賠償義務が発生するだけでなく、社内の志気が低下し、生産性も低下する」と分析する。
 そこで同事務所では企業の要望に応じて、トラブルを未然に防ぐために「パワハラ・モラハラ研修」を実施。企業として事前に社内対策を講じれば、万が一問題が発生した場合にも有利に働くことがあるという。
 企業法務を数多く取り扱う同事務所には、金融機関からの紹介事案もある。企
業倒産の場合には、経営者が会社と一緒に破産しなくて済むように、経営者保証
のガイドラインを活用。これによって、何人もの経営者の連帯保証債務を整理している。
 なお、同事務所は、今年2月に弁護士法人化。2人の弁護士が協力して顧客の依頼に応えている。久保実穂子弁護士は胆振東部地震後に、弁護士会主催の被災者向け無料法律相談に積極的に参加。被災者支援にも尽力している。

基本データ

企業名:
弁護士法人 村上・久保法律事務所
住所:
札幌市中央区北1条西15丁目 大通ハイム503
TEL:
011・624・7970
URL:
http://www.murakamilaw.jp/
士業