「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 本社ビル兼テナント物件のAGS6・3ビルが完成

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年12月号
取材日:2019年10月

写真大 11月に完成した「AGS6・3ビル」

本社ビル兼テナント物件のAGS6・3ビルが完成

「AGS」(本社・札幌市、原口友一社長)は、フォルクスワーゲンやアウディなどの外資系自動車ディーラーのサイン設計・施工を手掛ける屋外広告設計会社。全国各地の店舗設計を一手に引き受けている。
 11月に完成した「AGS6・3ビル」(札幌市中央区南6条西3丁目)は同社の本社ビルで、地下1階、地上8階建てのうち、6~8階は自社オフィスとして利用。その他の階は飲食店のテナントが入居する。
 周辺エリアでは、ホテルの建設が加速。東京五輪前のオープンを目指す企業も多い。入居店舗にとってはマラソン・競歩の札幌開催も追い風となり、インバウンドの増加による好影響が見込まれている。