「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 数多くの受刑者を雇用。全国的にも注目を集める

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年6月号
取材日:2019年4月

写真 小沢輝真社長

数多くの受刑者を雇用。全国的にも注目を集める

 札幌市内を中心に、仮設足場の設置や解体工事をメーンにおこなっている「北洋建設」(本社・札幌市、小沢輝真社長)。
 出所者を積極的に雇用することでも知られており、創業から46年間で500人以上を雇用してきた。現在も、社員約60人のうち20人近くが出所者だ。
 これらの取り組みが評価され小沢社長は皇室から「東久邇宮文化褒賞」を送られるなどさまざまな受賞歴を持つ。今年の3月にも道警本部から再犯防止活動に尽力したとして感謝状が寄贈された。
「脊髄小脳変性症」という難病を抱えながらも刑務所を飛び回り、就職面接を重ねてきた小沢社長は「今後も仕事があれば再犯しないとの信念で、受刑者を雇用していきたい」と語る。